d0208318_17223641.jpg


8月の糸島からの帰りに

全国初のアットアロマストアを尋ねて

福岡市内の今泉に立ち寄ったときに

たまたま見つけたのがアンティーク雑貨や家具の「トニール」。

先日、そこでサロンの新しいインテリアを購入しました。


パリにあるようなお洒落な雰囲気のお店で

見た目よりも意外に手頃で

私の好きなテイストの雑貨がいっぱい016.gif

興味があるものがいっぱいで落ち着かず…。

完全にこころをわしづかみされたような気分です。


この日は、大事な方へのプレゼントを探すついでに

私も以前より気になっていた色のキレイな外国の古書を

3つも買っちゃいました。


いえいえ、実は外国の古書ではないんです。じゃ、何だと思います?

実は磁石付きの小物入れなんです。

見た目は本そのもので映画にも出て来そうな

かなり大きめの本のデザインのものもありましたが、

見る限り、全く本物そっくりです。


サロンオープンして今年で4年目。

少しずつ地元で買い集めていたインテリア。

もらいものも多かったのですが、新しいお店を知ったことだし、

サロン自慢の窓際のインテリアをランクアップしていきたい〜と

夢見るわたしでした!

フランスもののオンパレードになりそうだな、これが。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-09-25 17:24 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_17461534.jpg



アロマセラピストとしてあるまじきこと…。

自分の体の変化を気にしないこと。

自分のケアを怠らないこと。

自分のケアできてなくて、誰が人のケアができるのか!

とアロマスクールでも習いますし、

現在、お世話になっている先生方々からも言われています。


でもたまにセラピストも人間だからあるんです!

他のことに夢中になると自分が後になってしまうことも。

ん、単なる言い訳…か。それは私の職人的な性格からか!


で、何を言いたいかというと、

先週の金曜日にはじめての靴で天神を歩き回り、

靴ずれしそうだな、何だか痛いなーと思いつつも、

めんどうだなと思ってそのままにしておりました。

連休中、久しく何も仕事がなく

「人生がときめく片付けの魔法」という

近藤 麻理さんの本の魔法にかかっていた私は

人生最大の片付けに夢中…032.gif

捨て魔化しておりました。
(近藤麻理さんも片付けしすぎて病院に運ばれたと
 本書にあったな〜!)

その間にかかとが痛いな〜と思いながら

よく見もせずに足に絆創膏をピタッ!

そのまま数日、かゆくなっていたので治ってる!

と勝手に思い込んで、かかとの靴ずれ部分を見ずに放置。

あまりの楽観主義に飽きれていた私の右足は

違うわよ〜!と知らぬ間に怒っていたのです。


よく灯台もと暮らしって言葉があるのですが、

まさに、足もとくらし!

近すぎて見えない足元に目を向けず、

自分の部屋の片付けで痛みも我慢して。


そんなアホな!と思われるかもしれませんが、

この足の症状に気づいたのはそれから3日も経った

火曜日の午後4時。

セラピストの友人のメールで皮膚科に行ったという話を

見ていてふと足を見ると自分の足が腫れていて

しかもずいぶんと膿んでいることに初めて気づき、アタフタ!


その日は痛さをこらえながらまともに歩けなくて

それでもいつものようにバスで通勤して

日中もいつも違う痛さがあって、

椅子に座っているだけでもまともに足が伸ばせないなって

思っていたのに自分でも

なぜ今頃気づくのが疑問に思ったくらいでした。

で、ここからがアロマセラピストらしき対応に走るわたし。


先月、アロマトロジー(アロマティックメディスン)という

フランス式のメディカルな原液高濃度塗布を習いまして

格好の試験台に自分の足が使えると喜んで思わず写真をパチリ004.gif

(見せられる足ではない!しかもゾウ足状態に)

悲惨な足ですが、これに原液をブレンドして塗布しました。

何と言ってもラベンターの精油の威力は絶大で

茶褐色に近い膿が涙のように次から次へと出て来る始末。

なんてオカルティックなんでしょう027.gif

恐ろしいくらいに膿みが出ていきます!


発症に気づいてから2日後の今日。

皮膚科の先生に見てもらい、

まずは膿みを出してみましょう、と針で私のかかとの

膿んでいる場所をチクリ!

しかし、何も出て来ない!

膿みがなくて先生はガッカリ。私はビックリ!

先生は何だかスカされたみたいな顔で私を見つめました015.gif

なんで病院に来たの?って顔です。


とは言ってもまだ足の腫れはひいていません。

先生いわく山は越えたみたいね、とひとこと。

病気の山を越えて病院に行く患者っているのか?と自分で一人つっこみ。

もちろん、医師の存在は絶大ですが、

何でも病院にかかる前に自分でできることもあるんだな〜

うちの祖母がほとんどの症状で病院にも行かず、薬ものまずに治したように

それはセラピストとして学んだことを自分に生かしてるのもあるからなんですが

(おー、結局はちゃんと自分のケアしているじゃないか!)

コンビニで薬が買える時代になったみたいに

何でも手軽に入る時代に、悪いからすぐに病院、薬!というのではなく

自分の体をしっかりと見つめて判断することも必要だなと思う出来事でした。

あ、もちろん!そういうことが分からない方は素人判断はいけませんので

足だけにあしからず(なーんて!今日は何だか故障中044.gif

ちゃんと医師に見てもらってください。

それと靴ずれとは侮るなかれ…。

自分に合う靴を探して足に優しい町歩きを楽しんでくださいね。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-09-19 18:08 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_17111934.jpg


アロマスクールを卒業して間もなく、

アロマスクールを運営していた会社が倒産し、

私はスクール難民になりました。

あの時の衝撃は今だに忘れません。

よくTVで駅前留学などで

倒産事件にあっている人たちを

見ていてまさか自分が同じような立場になるとは

思ってもみなかったことです。


アロマサロンを立ち上げるために

普通なら習った先生に質問できる環境にあるのに

誰に相談していいものか、迷いました。

外部の講師で来ていらした先生方々に頼るわけも行かず、

一日講座に通ったり、ベッドやタオルの購入方法を聞いたり、

様々な先生にお世話になりました。


精油もスクールのものを使っていたので

商品が買えなくなって精油選びにはとても苦労しました。

サロンを立ち上げた年に東京に行く機会があり、

気になる精油リストを作って片っ端から店を回り、

嗅いでみたのですが、コレ!と言って決まらず。

通販でもいろいろと取り寄せたりして使っていました。


精油はセラピストの大切な七つ道具のひとつです。

お客様とセラピストのこころを通わせる大切なツールです。

よくスクール時代に使っていた精油のブランドを選んでいる

信頼して使っているセラピストが多いのですが

私もスクール時代の精油は大好きでした。

でもそれが叶わなくなってどれを使うのか。

それに至るまでにナント4年もかかった私です。


で、選んだのは

アロマテラピーの世界では先駆者といわれ、

セラピストのバイブル的存在にもなっている

ペニープライスの精油です。

アロマティックメディスンなど、

メディカルなシーンでも力を発揮する精油は

使うごとに他の精油との違いを実感できるようになりました。

特に大好きなのはカモミールローマンの精油。

カモミールローマンはりんごに似た香りとよく

言われるのですが、今までそれを実感した精油とは

なかなか出会った覚えがありません。

ペニープライスのカモミールローマンは

フルーティーなりんごの香りそのまんま。

本当にオススメです!
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-09-03 17:11 | ◇出張アロマサロンメニュー

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方