気づけば入社して一つの会社で10年の歳月が過ぎようとしていました。

その頃、私は10年変わらずいた部署から

初めてグループ店の大きなプロジェクトのチームの一人として参加するという、

本意ではない仕事を任されることになりました。

そして翌春に正式に異動になります。

それまでも毎日、ただひたすら時間だけに追われて、

夜中までの仕事の日々が続き、

さらにプロジェクトに関わることで超過勤務と激務の日々が悪化する一方。

真夜中にタクシーを使って30〜40分の帰宅も珍しくありませんでした。

それが30歳前後の頃…のことです。


ある平日の休みの朝、KBCの朝の情報番組で

小石原焼の工房を持つご主人と

裏庭の山菜や野菜畑から採れた野菜などを使って

奥さんが田舎料理を作るというシリーズの放映が

いつもあっていました。


こころが豊かになること…をずっと求めていた私にとって

その放映を見た時、

私がやりたいのはこれかもしれない、と直感的に思ったのです。

そして、これまで仕事一本だった私が

合掌造りの家で畑仕事をし、ゆとりある田舎暮らしに憧れ、

これまでの価値観とは全く違う人生を生きようと思い始めます。

今思えば、息もつく間もなく走り続けている

自分にどこか息切れし始めていたのかもしれません。


そんな中、親友との国内海外旅行だけが

会社生活を続けていく頼みの綱、命綱のようでした。

こころの支えが旅にしかないほど

気持ちが疲弊していたのです。


毎朝、会社に行くと思った瞬間に吐きそうになっていた私。

でもなぜか気持ちは出勤拒否でも

体は自然に会社に向かっています。

会社に行けばそんな思いも言っていられずに

今度は時間に追われながら責任感と義務感と正義感にあふれ、

まるでやる気満々で笑顔いっぱいで、自信あり気のように

見えていたので、誰もこんな私の大きな矛盾など

気づかずにいたようです。


だからこそ、旅に出てリセットする時間がなければ

本当の自分に出会えなかったと思います。

自分を失っていて大病をしていたに違いないと

振り返ってみて思います(それを考えたら恐い!)


ある日、いつものように

親友と休日に大好きな熊本・小国の一泊旅行に出かけます。

うれしいことに携帯電話の電波もつながらないような、

竹林の中にある離れの旅館が目的地です。

毎日倒れ込むほどに働いている分、思う存分、心の贅沢をし、

折れた羽根を延ばす大切な旅です。


そこで私は自分と向き合う衝撃的な出会いをします。

宿泊を終えた朝のことです。

通り道で出会ったのは、古い民家の軒先で

1kgの大量のみかんを品出ししている地元のおばちゃんたちでした。

とてもわきあいあいと楽しそうで

キラキラとイキイキとしたまなざし、そして笑顔…。

その光景が何気なく目に飛び込んで来ました。

そして、疲れ切った私とは対照的に

ふとおばちゃんたちの姿を見てこう思ったのです。

「私は普段からあんなふうに笑っているのだろうか?

本当にこころが笑っているのだろうか?」と。

とてもショックでした。


今、思えばきっと自分のどこかで

そういう思いがあってその時に知らせてくれたに違いありません。

そこから本当の「私の本当の自分探し」の旅が始まります。

来る日も来る日も「本当の自分らしさ」を見つけるために

自問自答の日々がスタートします。


毎日お風呂に入ったまま寝ていても、トイレにいても

何も見つからず頭が真っ白になる日々が続き、

そしてその3年後、そうだ!一生の中でこれだけは

やっておかないと後悔するということは何だろうと思い直し、

そこで出会ったのがアロマテラピーでした。


元々、10年ほど独学でやっていたのですが、

本格的にアロマテラピーを学び始めたのがその頃。

資格制度もあると知り、自信のない自分を

明らかに証明してくれる資格を持つことで

何かが変わる!と思い、始めることに。


アロマテラピーを通して、

そしてその他にも様々な自分探しをしているうちに、

私と同じように自分を探し、変化を求め続ける人たちに

出会うようになります。


アロマテラピーのプロの道を目指したあの頃から、

気づけばもう13年の月日が経ちます。

今の自分の道にたどり着くまでに

私を支えてくれた大切な人たち、

ずっと支え合い、助けてくれた人たち…

そして自らの人生を今も必死に生き抜いている人たち…が

私の周りにはたくさんいます。


普段はとても感謝の気持ちを伝えるのが不器用で照れもあり、

なかなか伝わってないのではないかと思うこともありますが、

本当にありがたい気持ちでいっぱいです。


「輝く人になりたくて〜30代からのスタートライン」で紹介する人たちは、

一般に暮らしている私の友人や知り合いばかりです。

決して著名ではないけれど、皆さんと当り前に毎日を送る人たちです。

著名人ならばそんなふうになるのは難しいだろう、とか

それはこの人だから私にはできるはずがない、と

心のどこかで線を引いてしまいますが、

いつも隣にいる先輩やお姉さん、お兄さんたちのような存在の人たちの

ことなら自分もそうなれるかもしれないって思いませんか?


時代は今、情報がとても複雑化してきていて、

真実を語れない、何をどう選択したらよいのか、

それさえも分かりづらくなっています。

本質を見失い、表面だけを追って行く人たちもいます。

それだけに自分のことが分からなくなるときもあるはずです

迷っている時、今を変えたい、どうしたいんだろうと

目的が見つからないとき…。

ちょっとだけ皆さんより先をゆく、

キラキラと輝く人たちの言葉を参考にしてみてください。

その人なりの人生のストーリーや想いがあって

その中で自分に置き換えられるような

新しい発見もきっとあるはずです。

皆さんの背中を少しでも押してくれることを願って…。


30代からのスタートライン!いよいよはじまりです。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-24 15:15 | ○私の生き方・働き方

私は10〜20代の頃…。

とてもなりたかった職業がありました。

それは、文を書くという仕事…。

それができれば職業は何でも良かった、というくらい

文字を書いていないと落ち着かないというくらい

書くということに情熱を費やしていました。

とは言っても10代は詩を書いたり、手紙を書いたり、

自分の思いを語る、表現する手段というだけ。

20代になってたまたま出会った雑誌編集や企画という仕事が

文を書くという仕事とリンクするということを知ってその道へ一直線…・。

全くの素人からセミプロの道へ向かい始めました。

20代という人生の土台を作る、まるで第2思春期のような

あの苦しみと素人からプロとして雑誌企画や広告の世界で

一つの技術を習得していくその思いは並大抵のものではなかったと思います。

そして今、40代を迎えてまた同じように

アロマセラピスト、アロマインストラクターとしての道を

歩み始め、まるで2度20代を送っているかのような思いや

悩み、通らねばならない技術職としての日々を送っているように思います。

私の周りの人たちはそんな思いを1度しか、味わっていないだろうと思います。

でもその中で広告業界に精通した人たちの出会い、

アロマテラピーに精通し、共に歩む仲間との出会いがたくさんありました。

つまり、出会いも2倍…。

振り返ってみれば、見渡してみれば

私の知り合いにはこの人すごいな〜、と思える人たちがたくさんいます。

そして、私より後に自分の未来を変えようと

もがき、苦しんでいる人たちもたくさんいてよく相談に来られます。

今、2つの技術職の経歴を持つ私が、私だけができること…を

考えた時、私の周りにいる素敵な人たちをブログで紹介して行きたいと思ったのです。

ちゃんとインタビューして、写真も載せて、一つの記事として

成り立つところまでやって、少しでも世の中の人たちの力になれたら

こんなに嬉しいことはないな〜と。

新しい変わり目といわれる2013年に

私の周りの人たちも変わろう!としている人たちが多くいます。

きっとこのブログに出会った方の中にもそういう方はいらっしゃるでしょう。

私の様々な思いも込めて

ブログのシリーズタイトルを

『輝く人になりたくて〜30代からのスタートライン」とします。

緑がキラキラときらめく季節に、爽やかな思いでスタートします。

アンジェラ・アキの「輝く人」の歌詞にもちょっと影響されたタイトルで〜す045.gif

まずは私のこれまでを紹介です。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-24 14:39 | ○私の生き方・働き方

d0208318_13595480.jpg


先日、失敗に終わらなかった石けんの型出しできました。

よもぎの浸出だけに終わらず、ローズクレイを足したので

一瞬、型出しの時にカビが生えたか!と焦りましたが、

よもぎの葉でした。

あえてクレイをダマにして入れたので

梅干しのみじん切りみたいに赤い点が点在しています。

失敗しても信じ続ければ、必ずコトは成せる!

成せば成るもんだ、と思える今日の出来事。

しかも今まで一番キレイに切れて、形もしっかりとしています。

何事も気持ち(=気)が要なんですね。

できあがりの4週間後が楽しみです!

どんな使用感なんでしょうね。

また報告します!
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-24 14:01 | ◇手づくり石けん教室

d0208318_1055481.jpg


先月、石けん教室をしたのですが、

参加者の方が来る前に準備として

その日に使うオイルの計量を

いつも私が計っています。

それがその日は準備が間に合わずバタバタになり、

用意をしばらく待ってもらうために

話しをしながら計っていたんですね。

しかし、滅多にしない大失敗、つまり

オイルの量を測り間違ってしまったわけです。

そのまま実習にするわけに行かず、

再度計り直しましたが、

念のため、そのオイルを取っておいて

石けんを作ってみることにしました。

そのままだとつまらないので

たまたまあったヨモギを計量もせず漬け込んでみました。


そして…2週間後。

浸出油は普通はオリーブだけ漬けるのですが、

今回は丸ごと。

キッチンペーパーで漉していろんなことをしていたら、またさらに大失敗!

水道水がジャーっと入る始末。

石けんを作り始めてずいぶんとなりましたが、

まさに普通はありえない負のサイクル。

それでも試験的にあきらめずに

苛性ソーダを入れ、根気よく混ぜて寝かしてみたら

なーんとちゃんと固まっているではあーりませんか。

奇跡は起きる、奇跡は起きると念じながら、

できないが20パーセント、できる80パーセントで

時折やけにいつもよりは水分を感じる混ぜ具合で

弱気になったりもしましたが、やっぱりできました。

何でも思い込みって大切だなー!

あきらめずにやるってことが実現に結びつくんだな。

失敗してないのに失敗だと思っていることもあるかもしれない。

石けんの話しから人生学んじゃいました。

やれる、できると思えばできる!んですよ。

失敗から学んだことでした。

一週間後の型出しが楽しみです。
[PR]
by merrynote | 2013-04-18 20:04 | ◇手づくり石けん教室

d0208318_15591335.jpg


報告が遅れましたが、

4月14日の日曜日にちょっと遅めの新月会をしました。

CAMES(キャメス)というカラーと個性心理学がミックスした

セラピーを使って、個人個人が思いのままに未来を描き、

コラージュしていくというものです。

当日、参加いただいた方々は偶然にも

これから新しいことをしたいけど

気持ちの整理がつかない、

新月会で自分の気持ちとしっかりと向き合えば

見つかるはずだと思って参加された方ばかりでした。

会の初めには

自分の本質を色で表す参加者一人ひとりのピュアカラーを説明し、

今年から来年までの1サイクルのカラー(リズムカラー)を

紹介します。

思い当たるフシが色々とあったようですが、

とても興味深く話を聞いてくださいました。

それが終わったら、リズムカラーのテーマに合わせて

この1年の自分の思いを描く未来マップの作成です。

なかなか描けなくて手が止まる方も多いのですが

今回の皆さんはとっても優秀…。

時間が経つのを忘れて夢中になって作成していました。

そしてそれぞれに作ったものをプレゼン!

口にすることでその言霊が自然と自分の潜在意識に

入り込んで実現力が高くなります。

その模様の写真をご紹介したいのですが、

あまり望まれない方もいらしゃったので別の写真にしました。

参加いただいた皆さん全員が

ずっとずっと思い描きながら行動できなかったことを

ようやく自分の手にする、といった感じの内容でした。

1年後までずっとそばで見守っていきますが、

1年後の結果が今からとても楽しみです。


今回の新月会は毎月、募集中のアロマ部員の一貫です。

正式に学びたい方の2日間コース、又は今回同様の1DAYなど

様々に行なっていますのでぜひ興味のある方はお尋ねください。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-18 16:12 | ◇イベント&WS

ここ数日の爆弾低気圧に変わって、今日は気持ちのいい青空です。

スーッとこころに風が通って、体の隅々までキレイな酸素が行き渡るかのよう。

やっぱり春はいいな。

いろんな不安もあるし、新しい種をまき、育てる時期でもあるけど

この思春期みたいな(まさに人生の春ですもんね)曖昧で

寒くもあり、温かくもある中途半端な季節が来ると

何だか青春だな(おっと、ここにも春が…)と思うわけです。

そういえば、高校1年の4月…。音楽の授業でギターをやっていて

そんな授業の最中にふと思いついたのが「4月の雨♪」という曲。

ユーミンに憧れて自分でも作詞作曲なんてやったりしていました。

まさに思春期の頃は授業でやるべきことはやって、あとはずっと

マイワールドー空想の世界に住んでいたので、ノートを書き写したり、

ギターの弾くべきときは弾いてずっと空の世界に飛んでいましたね。

まるで赤毛のアンみたいに…。

そういう私の世界を見抜いてくれた先生がいて、その先生のおかげで

今につながっていると思っています。

人生の春にしても、1年の春にしても春とはいろんな可能性を秘めた季節。

自分磨きをしたり、小さな自分の中の芽吹きを感じたり…。

変化にとまどうこともあるけど、それも大事なことなんですよね。

肌や体のサイクルも同じで、春になると少しずつ代謝があがってきたり、

体が開いて来たりして次の季節への準備を始めて行きます。

冬に乾燥してしまった肌を見直すいい機会でもあり、

強い紫外線から肌を守る時期。

春から夏にかけて露質する肌対策はかかせませんね。

そこで昨日、ここ数年注目されている

「炭酸パックジェル」を手作りして体験してみました。

d0208318_1351762.jpg


生活の木のスタッフさんによると

昨年、表参道校で炭酸ジェルパックの講座をしたところ

待ちが出るほどの人気だったそうです。

そんなに話題とは知らず、

私も作ってみた模様045.gif

つくり方は簡単です。

材料も常にアロマクラフトをやっている人なら

手持ちで揃うような手軽さです。

材料は、重曹、クエン酸、グリセリン、キタンサンガム、精製水のみです。

私は精油を加えて好きな香りづけもしてみました。

そして体験です003.gif

d0208318_1355622.jpg


顔にまんべんなく塗布し、ついでにデコルテや乾燥しがちなボディにも

試しに塗ってみました。

確かにシュワシュワとしっとり、つるつるの3連チャン。

このシュワシュワ感はちょっと楽しくなるかも?

ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

ずっと冬の間にかゆみを感じていた肌も(薬ではないので治癒したわけではありません)

ピタッとかゆみが止まりました。きっと乾燥していたんですね。

アロマテラピーサロンMERRYNOTEでは、

5月の1ヶ月間、暑い季節に備えてこの「炭酸ジェルパック」を作る

アロマ部員を募集します。

まだ福岡でも見たことがない炭酸ジェルパックのクラフトレッスン!

ぜひ良かったら参加してみてください。

時間や日程は都合に合わせます。

HPのフォーマットからお申し込みください。

http://merrynote.jimdo.com/

[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-08 14:03 | ◇アロマクラフト教室

さてさて、予定していた土曜日のセッションイベントは

残念ながらお休みになりましたが、

まゆさんの津屋崎での休日を存分に楽しんでいただいて

(私はその1日は原稿書きに必死でした!)

10、11日の2日間の「タイ古式マッサージ」のセッションとなりました。

その会場となっていただいたのが

今回、サンキャッチャーや交流会のイベントにも参加いただき、

セッションイベントでもご協力いただいた

Teahouse miyaさんです。

d0208318_19221729.jpg



昨年の11月1日にオープンしたばかりの

ハーブティーとカフェのお店で

ここも築80年の古民家を再生したお店です。

タイ古式マッサージはこのお店の2階の和室を使って行なわれました。

主催者の私は参加される方のお出迎えや

まるで津屋崎の町の人のように

参加された方と一緒に町を案内したり、

カフェ内でお話をしたりするホスト役に徹しました。

今思えば昨年の秋に津屋崎でイベントをしたいと、下見に行ったのが

実はmiyaさんオープンの1日の日。

12月23日に津屋崎ブランチのなびさんにmiyaさんの2階でも

イベントができます!と教えていただくまでは

ハーブを扱うカフェとしか認識がありませんでした。

d0208318_19251398.jpg


でも年が明けてすぐの7日。

オーナーとの出会いが今回のイベントを大きく変えました。

まず、精油が使えるということ。

セッションをするのに十分な広さと2間があるということ。

そしてオーナーがとてもイベントに協力的で素敵な方だったということ。

さらにその後、スタッフの方もとってもイベントに興味を持って

理解があったということです。

2階でセッションをした後は1階のカフェでハーブティーやデザートも

楽しめるし、津屋崎というロケーションの良さに加えて

今回のTeahouse miyaさんとの出会いは偶然とも思えない

とても縁を感じました。

温かくて優しいオーナー、スタッフの皆様、ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いします。

彼女たちとの出会いが津屋崎に足を運ばれた人たちに

素敵な色を添えてくれたに違いありません。

本当に感謝でいっぱいです。

空いてる時間があったので店内をパチリ撮ってみました。

d0208318_1925302.jpg


おーっと肝心なセッションですが、

今回、九州では初のタイ古式マッサージのセッション!

タイ古式とは二人でやるヨガのようなもの、だとまゆさんは言っていましたが、

セッション前後のみなさんの顔のスッキリ加減が全く違っていて

とっても興味深かったですね。

あんなにストレッチのように動いているにも関わらず、

その瞬間に寝ていたという、参加者も。

さすが我が師匠のセッションはあまりの気持ちの良さに

みんな遠くへ行ってしまうようで

次回は必ず受けた〜いと

こころの中で大声で叫んでしまう私でした。

カフェのメニューに関しては☟こちら
まりちゃんに任せてあります。
おいしいネタ満載ですよ041.gif
http://merrynotelife.blog.bbiq.jp/
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-05 19:35 | ◇イベント&WS

さてさて、3月8日の午前中は旧河野邸での

こころもきらめくサンキャッチャーイベントでしたが、

その後、参加者でランチにくりだします。

旧河野邸から徒歩5分。

築100年以上にもなるここも古民家を再生した

「カフェ&ギャラリー 古小路」で

津屋崎ブランチの女性の都郷なびさんがされている「たねの木」です。

たねの木のことは、うちのゆるキャラ・まりちゃんに任せてあります
詳しくはこちら↓
http://merrynotelife.blog.bbiq.jp/

時を忘れておいしい食事とゆるりとした時間を楽しんだ後は

旧河野邸に戻ってまゆさんを囲みながら熱い談義に

花を056.gif咲かせていました。

旧河野邸は朝から夕方までの一棟貸しの貸切なので

知らない人は誰も入って来ないし、築60年の何だかやけに落ち着く空間に

そこにいた私たちは下手するとこのままここに泊まるんじゃないかってくらいに

くつろぎムード!次回はみんなで泊まろう♪という話まで出て来るほどでした。

夕方、チェックインを終えて、

まゆさんと私は海沿いのお洒落なカフェ「ランドシップ」で

夜の交流会へ。

d0208318_18595692.jpg


あんまり人には教えたくない、私にとっては津屋崎のとっておきのお店を

今回、特別にいろんな方に大公開!

d0208318_1912566.jpg


デッキの目の前に広がるのは長く続く砂浜と海岸線。

まりちゃんのブログでも何度かシリーズで紹介していたのですが、

やっぱり何度行ってもここはいいもんです。

津屋崎の評価がこの店でワンランクもツーランクもアップする気がします。

どんなお店かは、
うちのゆるキャラ・まりちゃんに任せてあります
詳しくはこちら↓
http://merrynotelife.blog.bbiq.jp


以前の福間海岸シリーズのブログは外観やお店の中も全部紹介しています。

ただ、今回初めて夜のランドシップに来ました。

目の前に広がる淡くてキレイな春まだ浅い夕陽が

とーってもこころにしみました。

この夜参加いただいたのは、

前日に福岡市東区にサロンオープンを控えた

アンスリールのchieさんと

Teahouse miyaでキッチン担当をされていて

アロマやハーブの講師もされているmiyukiさんでした。

彼女たちが来る前に夕陽に虜になったまゆさんと私は

夕陽をバックにサンキャッチャーを撮影。

しばらく30分以上は撮影に夢中になっていました。

d0208318_198088.jpg


あんたたち、店ってこと忘れてない?と

誰かからもつっこみが入りませんでしたが、

自然と二人が揃い、4人での楽しい津屋崎の夜がスタート。

まゆさんとお店の人やお店でいつもイベントをされている方との接点もあったりして

こりゃまた津屋崎の不思議な縁つなぎパワーを感じた夜でした。

タイ古式マッサージイベントへ続く…。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-05 19:12 | ◇イベント&WS

今年最初の大きなイベントとして

3月8日(金)〜11日(月)に開催した

群馬県在住のボディワーカー

ながいまゆみさんによるイベントのご報告を今頃ですが、

津屋崎の素敵な景色を交えながらご紹介します。

d0208318_185223.jpg


まず3月8日(金)の朝、

ながいまゆみさんとJR福間駅で半年ぶりぶりの再会003.gif

半年ぶりとは思えんがな!とつっこみたくなるくらいに

タイミングばっちりに駅のエレベーター前入口で会いました。

イベントの初日は見事に快晴058.gif

さすが晴れオンナのまゆさん(私はどしゃぶりオンナ)!

春になったとはいえ、海が近く風が強くてブルブルっと冷え込む寒さです。

会場は津屋崎4丁目の旧河野邸。

築60年の古民家の一軒貸しの宿で

参加者6名のサンキャッチャー教室をしました。

まゆさんを囲んで初めてのサンキャッチャーづくりに必死です。

d0208318_181279.jpg


最初にスワロフスキー社のキレイなパーツが配られ、

パーツ好きの私は大興奮010.gif032.gif

うー、たまらん。

おかげで写真撮り過ぎました!がこのくらいにしといたる037.gif

d0208318_18141141.jpg

d0208318_18144566.jpg


参加いただいたのはセラピスト仲間や食やハーブ、アロマが大好きな人たち、

私の知人などが中心です。

みんな慣れない作業に真剣そのものでした。

まゆさんいわく、「これまでにできなかった人は誰もいません」と

教室の始めに話していて、ホッと安心。

実は主催者である私が一番時間がかかったのですが、

みんなの温かいサポートのおかげで見事に完成!

そして、できあがったのがこちら072.gif

d0208318_18211950.jpg


これは隣同士の3人が作ったサンキャッチャーを並べて撮ったものですが

なぜか違う色で違う人が作ったのになんだかよく似てますね。

3人の性格の根本的に同じなのか、同類なのか!

でき上がった作品もつくり方もそれぞれに個性が出ていて

とっても楽しかったというよりは、大爆笑の連続でした003.gif


教室の初めに津屋崎ブランチの男性スタッフの方に来ていただき、

津屋崎のこと、ブランチの活動などもお話いただきましたが、

津屋崎の歴史のこと、旧河野邸のことなどとっても理解が深まって

参加いただいた皆さんが津屋崎の魅力により触れられた時間ともなりました。

旧河野邸はその日に借りた人が「家主」になり、町の一員となるんだそうです。

管理をされている津屋崎ブランチの彼も入るときは

「おじゃまします」と言ってお客様として入られていました。

津屋崎の面白い試み、ツボにはまりそうです(いや、もう十分、ハマってますね)

あ、いい忘れましたが

8日にご参加いただいた皆様、本当に本当にほんとーに

(しつこい004.gif)ありがとうございました。


※おまけ063.gif
津屋崎3日間のグルメに関しては
うちのまりちゃんに任せてあるので
こちらをご覧ください↓今回もとことん食べてます。

「ゆるキャラ まりちゃんの福岡・北九州街角グルメ&旅日記」
http://merrynotelife.blog.bbiq.jp/blog/
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-05 18:43 | ◇イベント&WS

d0208318_1321869.jpg


明日は全国的に大荒れの天気になるようですね。

次第に桜も散り始めて葉桜になってきていますが、

明日はいよいよ…かな039.gif

自然とは本当に自然に、次の季節へと移り変わっています。

たまたま近くで見つけたたんぽぽのファミリー。

小さい兄弟同士が横並びでうれしそうに並んでいる姿を

見つけてとってもかわいい。

爽やかな緑の季節の到来を感じます。

私のこころも次第に今月から5月へとシフト。

そう、よく考えたら今年でサロンをオープンしてから

4年目になるのです。

いやあ〜、よくぞここまで続きましたよ044.gif

とりあえずやってみよう♪くらいの

とても軽いノリでスタートアップしたので

今となっては軽すぎたな〜と反省しています。

でもこれもひとえに友人、親しい方、新しく出会った

方々の力があってこそ。

それをなくしてはこの4年は語れません007.gif

そこで5月8日オープン日より3週間、

アロマテラピーサロン MERRYNOTEでは

オープン4周年を記念して

アロマテラピーサロン MERRYNOTEでは

ボディ20分(部分2,500円)で行ないます。

また、毎月のアロマ部イベントでは

5月は生活の木の表参道本校でも待ちができたという

炭酸ジェルパック(3,500円)をクラフトします。

4月からは会員システムもでき、会員さまだけのお得な特典も

つくようになりました。

暑くなるシーズンの前のディトックスの季節に

ぜひボディケア…。しちゃってください。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-05 13:37 | ◇イベント&WS

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方