カテゴリ:◇イベント&WS( 44 )

d0208318_2114113.jpg


アロマテラピーを学び始めたのは、

ちょうど10年前の10〜12月のこの時期でした。

アロマテラピーのベーシックコースをこの3ヶ月間、

下関の勤労福祉会館というところで学びました。

そして、その時から丸10年を迎える今年。

今年5年ぶりにリニューアルオープンした

その会館から比較的近くの「旧下関英国領事館」で

下関市教育委員会の事業の一貫として

初心者向けの講座を開かせていただくことになりました。


アロマセラピストの資格を取得する頃からの友人が

旧下関英国領事館の指定管理を代行している関係で、

オープン前から何かと相談を受けていたこともあり、

自然な流れで講座開催となりました。


今回、講座をするにあたって、アシスタントには

ベーシックコースの時に知り合い、

丸10年のつきあいとなる

友人にお願いすることが決定しました。

下関の地にようやく恩返しができるという想い、

10年前に出会った友人と同じ講座の場に立てること、

そして、10年前とは逆の立場で講師として

アロマテラピーに関われることにとても感慨深いものがあります。

10年前の私たちには全く想像もつかなかったことです。


そして、また今年。

来年に向けてひそかに新しい歩みをスタートさせようとしています。

今回のこの講座はその序章のようなものだと感じています。

ここからが私の人生の本当の始まり。

10年のスタートなのかもしれません。

お近くの方は、ぜひご参加ください。
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-10-22 21:03 | ◇イベント&WS

d0208318_184953100.jpg

ご縁あってこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

1月も今日で終わりですね。

今日は水瓶座の新月の日…。

朝の6時39分に新月に入ったのですが、

時計を見てもいないのに目の前が

スーッと軽くなるような気がして

あ、今だって思ってしまいました。

今日から48時間以内に紙に願い事を書いて

今年の新しい決意を改めて固めてみるにはいいタイミングかも?

やりたいことってつい日常に流されがちなので

気持ちをリセットして自分と向き合うには

この週末は最高の時間だと思います。


そして2月4日には新しい運気の始まり037.gif

何となく最近、何かが変わり始めていると

その予兆を感じる方もいるかもしれません。

今まで頑張ってきた人には夜明けを

これまで楽しんできた人には新しいレッスンのプレゼントを

人によってまちまちなので一概にどうだ、とは言い切れないけど

それぞれ人によって必要なことをまた新しく手渡される1年が始まります。


運気の新春を迎えた後に皆さんに会ってほしい人がいます。

昨年の春までは群馬・高崎から1年に数回、福岡や小倉に

セラピストを対象にしたボディワークの講師として来ていた

ながいまゆみさん。


通称・オンナ寅さんといいたくなるほど

彼女の自由で飾らない生き方に憧れる人も多くて

あんなふうになれたら、いいなと思わせてくれる人です。


昨年の夏にナント、群馬から2日間かけて車で糸島にお引っ越し。

そのたぐいまれなるパワフルなエネルギーと

みんなを明るく幸せにする笑顔も彼女の最大の魅力です。


よく企業に勤めていると人間関係や本当はこれまではやりたくないのに

やらなくちゃならないとか、そんなしがらみから離れられないことも

多くて、サロンに来ていただく方のほとんどが

そういう悩みを抱えていらっしゃいます。

そういう方にぜひ会っていただいて、

大きく自分の中の価値観を揺さぶって欲しいのです。

実はできないと思っていたことが何ともないことだったりするのかも?

と思わせてくれるかもしれません。

d0208318_18511572.jpg

でもね、糸島まではちょっと…という方にとっておきの情報です。

2月9日(日)に津屋崎の築80年の古民家カフェで

糸島在住のボディーワーカー・ながいまゆみさんこと

まゆさんの「ゆるゆるボディケア」の30分が体験できます。

会場は津屋崎4丁目にあるハーブティー&カフェmiyaさんです。

今年で2回目を迎えるこのイベント…。
素敵なカフェとまゆさんの笑顔とケアで日常のもやもやを吹き飛ばしましょう♪

2014年1月31日現在でゆるゆるボディケアは
残り2名(時間は14:15〜14:55、15:45〜16:15)となりました。
気になる方はお早めにご連絡ください。


津屋崎で会いましょう♪第2弾

日時:2月9日(日)13:30〜17:00
会場:ティーハウスmiya2F  
定員:5名
料金:30分3,500円

「ゆるゆるボディケア」とは
体に意識を向けながら、関節を回したり、揺らしたり、筋肉に働きかけたりと
様々なアプローチで力みと無理のない体に戻していきます。

お申し込み・お問い合わせは
アロマテラピーサロン MERRYNOTE(メリーノート) 
E-mail:merrynotelife@gmail.com

teahouse miyaさんのHPでも紹介されています。
teahousemiya.com/‎
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-01-31 18:50 | ◇イベント&WS

d0208318_155121.jpg

ご縁あってこのブログにたどり着いた方…
いつも読んでいただいている方…ありがとうございます☆

年末年始をはさみ、長年大切にしていた写真や資料などのPCデーターの
バックアップがすべてダメになり、引き続き携帯のシステムがオーバーし、
OSを入れ直して初期化するというトラブルに始まり、
残っていたデーターの整理や大切な書類の作成に時間を割かれてしまいました。
仕事の軸となる部分をすべてデーターに任せているとなくなったときの損傷は
とても大きく、やっぱり紙で残すアナログも大事だなと実感した出来事となりました。
携帯が動かないと今は連絡を取る手段が一つ減るということも実感しました。


おかげでいつも気にかけていただいている方には
明けましておめでとうございます…というタイミングを逃したまま、
気づけばもう20日ですね。
ソチで行われる冬期オリンピックまであと18日。

そんな開会式後の数日、オリンピックに釘付けの方にも
ぜひ体感していただきたいボディケアがあります(結構、こじつけですが037.gif

More
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-01-20 15:09 | ◇イベント&WS

d0208318_15591468.jpg


今年3月に引き続き、

ボディーワーカー・ながいまゆみさんこと

まゆさんの「手作りサンキャッチャー教室&ゆるゆるボディ30分」を

来年2014年2月9日(日)に開催することが決まりました!

今年の会場は津屋崎4丁目にあるハーブティー&カフェmiyaさんです。

d0208318_1610026.jpg


前回のイベントの際にオーナーのmiyaさんやスタッフの方々に

大変良くしていただき、ぜひ来年も!ということで実現しました。

d0208318_1615540.jpg


お店は津屋崎4丁目にある築80年の古民家を改装しつくられたもので

キッチンスタッフのmiyukiさんがつくる

愛情と手間のかかったおいしい料理とデザート、

彼女(ハーバルセラピスト)の思いがたっぷり詰まった

オリジナルブレンドハーブティーを楽しむことができます。


時の経つのを忘れてぼんやりしてしまうほどの居心地の良さと

その料理やデザートのおいしさにすっかりハマってしまった私とまゆさん。

何度お店を訪ねてもその思いが変わることはありません。

お店のすぐ近くには豊村酒造という酒蔵、

地元のおばちゃんたちがいつも明るく元気な姿で

お店番をしている有形文化財の藍の家などもあり、

温かな人とのふれあいも津屋崎4丁目の町の魅力です。

ゆっくりと1日、津屋崎の町を散歩しながら、「ことりっぷな津屋崎」を

楽しんでみませんか?


詳しいイベントの内容はこちら☟

『きらめく虹のインテリアでしあわせいっぱいを集めて〜
 まゆさんのサンキャッチャー手作り教室』

スワロフスキーなどの石を使ってつくるサンキャッチャーは
風水でも光を集めるインテリアとして話題になっています。
サンキャッチャーを窓辺につるしておくと、
透明な石が太陽の光を受けて輝き、
部屋の壁いっぱいに小さな虹が映し出されます。
虹を見ているだけでとってもハッピーな気分に。
まゆさんのサンキャッチャーは
シンプルで上品なデザインが魅力です。

日時:2月9日(日) 10:30〜12:00
会場:ティーハウスmiya(津屋崎4丁目)2F
定員:7名
料金:4,500円(材料費込)
初心者でも分かりやすく、作れるものを教えてくれます。

d0208318_16294277.jpg

前回、旧河野邸でのレッスン風景(みんな真剣です)

d0208318_16301145.jpg

参加者の作品(今回はもう少しアレンジするそうです)

d0208318_16303636.jpg

d0208318_16305069.jpg

材料となるスワロフスキーなどのキレイな石たち(美しい♡透明な美しさです)

d0208318_16341724.jpg

d0208318_16334184.jpg


そして、お昼過ぎからは…

「ボディーワーカーまゆさんのゆるゆるボディケア30分」を開催します。

体に意識を向けながら、関節を回したり、揺らしたり、筋肉に働きかけたりと
様々なアプローチで力みと無理のない体に戻していきます。

日時:2月9日(日)13:30〜17:00
会場:ティーハウスmiya2F  
定員:5名
料金:30分3,500円

サンキャッチャー教室&ゆるゆるボディケア…

2014年1月17日現在でサンキャッチャー教室は満席になりました。
ゆるゆるボディケア・・・は残り2名(時間は14:15〜14:55、15:45〜16:15)です。
気になる方はお早めにご連絡ください。


お申し込み・お問い合わせは
アロマテラピーサロン MERRYNOTE(メリーノート) 
E-mail:merrynotelife@gmail.com

teahouse miyaさんのHPでも紹介されています。
teahousemiya.com/‎

d0208318_16431657.jpg

d0208318_16433910.jpg

[PR]
by MERRYNOTE | 2013-12-17 17:27 | ◇イベント&WS

vol.4
めぐる

d0208318_10161713.jpg


同年生まれ、同級生だと分かったことも分かり、
すっかり仲良くなった香織さんと私。
いろいろもやもやとしていた私も8、9月あたりから
新しい仕事が舞い込み、新しい挑戦が始まります。
でもお互いにボディーワークのことだけでなく、
深刻な悩みを抱えていたため、
お互いが近づくにはそう時間はかかりませんでした。
そんなある日、彼女から一通のメールが届きました。

東京で野見山 文宏さんの解剖生理学のワークショップに参加してきました。
11月30日、12月1日に自宅サロンにお呼びして、
ワークショップをします!というものでした。

メールを見た私は一瞬、目を疑いました。
「野見山さんってもしかしてあの野見山さん?
そうです。私が広島まで足を運び、
セミナーを受けた野見山さんなのか、ということです。

香織さんにこれまでのことを話し、
やはりそうだと知ってあまりの偶然にびっくりでした。
彼女も私も実は同じ頃に野見山さんのブログを見て知っていて、
今年ようやくセラピストの資格を取得したタイミングで
ワークショップに参加したというのです。

広島のときに勇気がなく、野見山さんに声をかけられなかった私。
でもでも勇気ある人がここにいました。
そしてその人との出会いでめぐりにめぐって
ワークショップに参加できる機会を得たのです。

11月の終わり、手づくり石鹸教室をサロンでやって欲しいと
彼女からの要望を実現。
そして彼女のサロンには通いづくめの翌日から2日間、
九州で初の野見山さんのワークショップが開催されました。

3日には日本アロマ環境協会の200人を相手のミニセミナーに
野見山さんが講師として九州のイベントとしては初めて呼ばれたのですが、
それよりも早い開催となりました。

2日間の野見山さんのワークショップはストーリー性のある話に始まり、
とても心地がよく、野見山さんの世界に浸れるほど心地が良く、
夢見心地でしあわせに満ちたものでした。

1日目の帰りだったでしょうか?香織さんから頼まれて
近くの駅まで最近であったばかりのセラピストの友人と
野見山さんと西鉄大牟田線で天神まで徒歩でご案内することになりました。

香織さんが学生時代に過ごした町に住んでいて、
学生時代に親友だった彼女と同じ町内という偶然もあり、
懐かしい道を感傷に浸りながらも3人で歩きながら野見山さんと色々な話をしていました。

何の話のきっかけだったでしょうか?
ふと夏にボディーワークのワークショップを受けたことを話し、
とても共通するものがあると感じたと感想を伝えたんだと思います。

野見山さんから誰なのか聞かれて、それがまゆさんだと答えると
「彼女は僕のワークショップの第1回目の生徒だよ」といわれ、もうびっくりです。

まゆさんも香織さんも私もそれぞれが全く違う時期に野見山さんのことを知って、
私たちがある共通の知りあいを経て出会い、そしてここで全員がつながった。
まさに奇跡が起きた!としか思えないような偶然でした。

翌日、自分だけそのことを知っているのは耐えられずに
香織さんにそのことを伝えるととてもびっくりしていた記憶があります。
でもやっぱりね…という思いだったとも答えていたような。

香織さんのブログはこちら↓
小さな小さなかくれ家サロン
healing at 香庵*福岡
アロマトリートメント&アロマクラフト教室
http://ameblo.jp/koan-aroma/


2日目のワークショップも無事に終わり、
その日はどこにも寄らずにまっすぐ自宅に帰ることにしました。
まるで好きなアーティストのライブの後のように夢ここちのような、
ぽわーんとしあわせな気持ち、ワークショップの余韻いっぱいのまま
博多駅のホームで来る列車を待っていました。

すると、声をかけてくる女性がいます。
ふと気づくと、今回の出会いの機会を作ってくれた地元のセラピストの友人だったのです。
偶然、奇跡とは一度起きれば次々と起こるものです。

どうしてここにいるの?と聞かれ、
野見山さんのワークショップに参加したことを話すとうらやましがっていました。
彼女は仕事の帰りでたまたま私をホームで見かけたので声をかけたというのです。
彼女とはそのまま一緒の列車で地元に帰りました。

大好評のうちに終わった野見山さんのワークショップ。
すぐに来年の夏にでも開催を…という思いもありましたが、
すぐに実現する状況とタイミングには私たちの中では起きず…。

そして2012年の6月。
会社時代の知り合いがみやこ町のコミュニティ活動の一環として
東京から有名な人を呼んで講演会をするというので参加することになりました。

ここで知り合ったある女性との出会いがきっかけで
津屋崎のイベントに参加することになります。
津屋崎で出会った津屋崎ブランチの女性との出会いが
次の野見山さんのワークショップ開催への思いに火をつけることになったのです。

それはまた次回、お話します。
きっとそのことを話すのはワークショップを終えたあたりかな。

2013年12月1日、2日の野見山さんのワークショップ参加の皆様。
いろんなことがそれぞれあって、いろんな経験を得てきたけど
個人個人の思いを持ちながらも
ひとつの時間、ひとつの空間をひとつ屋根の下で共有できること、
また新たな奇跡、偶然が生まれることで皆さまそれぞれが新しい人生
のスタートを、新しい人生の切り札を持てることを願っています。
つながる、結び合う…必然的なご縁を大切にするために。

かしこ
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-11-27 22:14 | ◇イベント&WS

d0208318_18215167.jpg


vol.3
きっかけ

セッションが終わってから間もなく、
まゆさんから「7月にボディワークのワークショップをするので
参加しませんか?」というメールをいただきました。

3月のセッションが終わってから、わたしの精神状態はますます追い込まれるばかり。
思ったように仕事が得られず、行き詰まっていたのです。
バイトを探したり、友人とのコラボに失敗し、こころに傷を負ったり…
それでも何とか自分が本当にやりたいと思ったことや
仕事に対する情熱を取り戻そうと必死でした。

ボディワークに関しても自分が求めるような先生とは出会えず…
それよりも人と会うことに抵抗を感じ始めている時期でもありました。
当時、NHKの大河ドラマで「龍馬伝」が放映されており、
自分の思いと投影させるかのように自分にしかできないことを必死に探していました。
そんな中のまゆさんからのメール。
「あ、やっぱり連絡が来て予想通りの展開だった」という冷静な自分に加えて、
藁をもすがりたい気持ちでワークショップに参加することを今度は迷わず決めました。
「何かが見つかるかもしれない、自分が変わるかもしれない」という大きな期待を込めて…

ワークショップへの参加を決めた後の6月、
自宅近くの公民館で心理学のセミナーに参加しました。
1階の端にライブラリーがあることに気づき、
ライブラリーに入るやいなや、目の前に現われたのが「エサレン」について
詳しく書かれている単行本でした。

そう、まるで3月と同じようにシンクロが2回も起きたのです。
これはエサレンに行け!というメッセージなのか…と捉えてもみましたが、
そのシンクロがなぜ起きたのかはいまだに分かっていません。

そして約一ヶ月後の7月20日頃、ついにワークショップの日です。
ワークショップに必要なタオルなどを運ぶのにキャリーケースを引きながら、
百年橋の先にある、会場となるサロンへ向かいます。

しかし、近くまで間違いなく来たというのに歩けど歩けどサロンが見つかりません。
きっとそのあたりだろうという場所をぐるぐると一周する間に、
地元の人から何を探しよるんね、と声をかけていただき聞いたのですが、
やっぱり分かりません。

そうこうしているうちに開始時間も迫っています。
気持ちは焦ったまま、必死になっていると
ふと見たことのある自転車を引いた女性が何気なく声をかけて来ました。

そう、3月のセッション後に先輩に紹介された女性だったのです。
やっぱり、120%の再会の予感はこれだったんだ、間違いなかった!と思うのと
同時に他に誰が来るんだろう?という思いで、
彼女が場所がわかるというので安心してふたりで会場のサロンに向かいました。

長い細い階段をあがり、迎えてくれたのはそのサロンのオーナーさんと、
そしていつもの笑顔のまゆさん。
「え、もしかしてワークショップって私たち2人だけなんだ」という驚きもあり、
ますます彼女との縁の濃さを感じる私。
彼女の名前は名和香織さん。福岡市在住のボディーワーカーさんです。

彼女と私は当時は似たようなボディーワークの悩みをたくさん抱えていました。
やりにくかった手技、納得できなかった施術方法など、
まゆさんに習う度にもう怖いくらいに賦に落ちていく感覚に終始感動しっぱなし。
みぞおちのあたりから水がぽたんぽたんと続けて落ちていくような感じでした。

香織さんとのこの出会いをきっかけにお互いにモデルとなって、
習った手技を練習しようという話をして別れました。
秋には彼女が一軒家を建て、素敵なサロンを開き、
彼女は小さなお嬢さんふたりを持つお母さんということもあり、
動くのができないという理由から私が彼女のサロンに
1ヶ月に1度の割合で通うことになったのです。

ながいまゆみさんのホームページ、ブログはこちら↓
からだとこころの気づきのボディワーク〜ヒーリングルームいらよい
http://www.irayoi.com/
http://ameblo.jp/irayoi-esalen/
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-11-15 18:22 | ◇イベント&WS

d0208318_12382884.jpg


vol.2
出会う

それは2010年2月のある日、私は下関の長府でセミナーの
打ち合せをしていたときのこと…。
急に1本の電話がかかってきました。
地元で活躍する唯一、セラピスト仲間の友人からでした。

「3月19日金曜日の午前中に群馬からエサレンの先生が来て
セッションがあるんだけど、私が行けなくなったから行かない?」
というのです。

打ち合せ中ということもあり、何となくピン!と来なくて反応できなかった私。
精神的にもこの時期は開業から半年でちょっと切羽詰まっていただけに
思い立ったらすぐ行動!の私にしては珍しく、
一旦考えさせてもらうことにしました。

その後も打ち合せは続き、でも打ち合せをしていても
なぜかどうしてもさっきの友達の電話の返事が気になって仕方ない…。
「行かないのはどうなんだろうか?いえ、行きたいんだ、わたし」という思いが
こみ上げていたのです。

打ち合せが落ち着き、私は迷わず「行く!」という返事をしました。
そしてきっとこのセッションに行ったら何かがある!と潜在的に思っていたように思います。

そして、待ちに待った3月19日。
私は博多駅周辺のとあるマンションに向かいます。
福岡に行くことは別に特別なことでもないのですが、
学生時代によく行った懐かしい博多スターレンなどのあたりを通り、
探しに探しながら友人からサロンに向かいました。

そのサロンは友人がセラピストになるために通ったスクールの先輩のサロンで、
私はアロマのスクール時代にその友人や先輩が通う先生に
理論だけを習ったという共通点がありました。
不思議なご縁を感じながらも迷いに迷ってたどり着くと、
マンションの上から私に手を振る姿が見えました。友人の先輩でした。
電話で案内されるままに先輩がドアを開けてくれ、
玄関先で笑顔で迎えてくれたのがボディーワーカーの
ながいまゆみさんこと、まゆさんでした。

私の第一印象はとても話しやすい人。
いろんなことが切羽つまりはじめていた時期だけに、
自分のことが分からなくなって向き合うことを必要と思っていただけに
自分の中であふれる疑問や自分のことを何となく話したい、
それをセッションを通して知りたいという思いにあふれていました。

前日に偶然にもBAB雑誌「セラピスト」から本誌が届き、
そのページを開けると目の前にエサレンの特集があったことで、
まるで導かれたような思いもありました。

エサレンのことは理論を教えてくれた先生から聞いていたものの、
セラピストでありながらもどんな施術をされるのか、未知の世界。
気になる精油を選び、90分のセッションが始まります。
からだ全体が一体になるような不思議な感覚…
そしていつまでも良かったという気持ちを保存しておきたいような
気持ちになり、こんなふうに思えたセッションははじめてでした。

セッションが終わり、挨拶をして玄関を出るとき、
きっと次も夏あたりに会う何かがある!と直感的に思いました。
そして、ドアを開けると先輩と次にセッションを受ける女性がいました。
私とまゆさんの話が長くなったので終わるまでドアの前で待っていたようでした。

そして、その女性を先輩から紹介されます。
何と彼女も先輩と友人と同じスクールの卒業生で、
共通の先生に習ったということを知ってびっくりです。
彼女とはそのときは話はそれほどできなかったけど、
なぜか120%の自信で必ずまた再会する!という思いで分かれました。

セッションの余韻を残しながらさまざまな今日この日のことを思いながら
昼ご飯を食べ、そのあとは天神へ。

福岡パルコグランドオープンの行列に混じり、パルコを見て帰ったのでした。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-11-08 15:00 | ◇イベント&WS

d0208318_13342023.jpg



野見山 文宏さんの「感じてわかる!セラピストのための解剖生理学」

福岡・糸島でのワークショップの募集をここで一旦、終了させていだきます。

10月1日に募集をスタートし、昨日31日のお申し込みで定員となりました。

皆様ありがとうございました。

また、ご縁をつないでいただいた方々にもこころから感謝申し上げます。


今回参加できなかった方々…。

ごめんなさい!

ぜひ次回(やるのか!?)に期待していただきたいと思います。

時期などは様々なタイミングが合ったときになるとは思いますが

またいつか…(前回から今回までに3年もかかってるし037.gif)必ず!


今後は開催までの1ヶ月間、連載ブログ「紡ぎのとき」を掲載していきますので

ぜひご覧ください。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-11-01 13:50 | ◇イベント&WS

vol.1 「知る」


d0208318_1503983.jpg


フリーランスとして独立した2009年。
当時、全く予定のなかったアロマテラピーサロンを
20年来の親友のひとことがきっかけで
オープンすることになりました。

アロマセラピストとしての経験が全くなかった私は
アロマインストラクターとライターの仕事を両立をしながら
当面はアロマセラピストとしての実地経験を積んでから
サロンを開くと考えていました。

しかし、親友が一番目のお客さんになることを望み、
私は背中を押されるようにサロン用のベッドを購入。
アロマテラピーサロンの開設の準備を
すすめることになりました。
そうやって、ごく自然にアロマセラピストとしての道が
予想もしていなかった早さで開かれ、夢を実現することになったのです。

でも一つ、そこには大きな壁がありました。
端からみれば何の問題なのか…と
思えるようなことかもしれないのですが、
アロマスクールで習得した技術はそれはそれですばらしいし、
セラピストになるための資格取得もその技術で得たものですが、
自分の中でずっとしっくりこない中途半端な気持ち、
施術のやりづらさに疑念をいただいていたのです。

「本当にこの方法でいいのか」
「もっと他に違うやり方があるはず」

本当に自分が求めている技術を、知識を…
もっと、もっと…と思いながら
あらゆるミニセミナーに参加しては思うように見つからず。

「アロマスクールでレベルアップコースなどがあれば気軽に行けるのに」

と思うものの、通っていたスクールは卒業して
すぐに母体の会社が倒産してしまい、
今となっては頼る先生もいなければ、
誰に聞いていいものか…分からずに
スクール難民のまま、ずいぶんと悩み続けていました。

そんな最中、コピーの仕事の合間に検索をしていたとき
たまたまヒットしたのが、野見山 文宏さんのブログでした。
検索したい内容とは全く関係ない項目から
なぜたどり着いたのか…今でもよく分かりません。
まるで呼び寄せられたような気分でした。

本物を、一流の人を見抜く力だけは昔から自信のあった私。
「わ、このセミナーすごい!しかも全国でキャンセル待ちなんて!
絶対、いいはず」と瞬時にこころが動かされました。
解剖生理学のこれまでの枠を超えていること以外は
よく理解できてはいなかったのですが
直感的にいい、と思ったのです。

とはいえ、開催は東京や関西が中心。
九州がないならだめじゃん、という思いのまま
時は過ぎていきます。それが8月のことでした。

9月になり、日本アロマ環境協会主催の
セミナーが東京国際フォーラムであるというので
スクール時代の友人を誘って参加することにしました。

セミナーが始まる前の待ち時間に、
手元にあったアンケートを
いつものように書き込んでいたとき、
ハッとさせられるほどタイミングのいい項目にあたります。

その内容の記憶ははっきりとしていませんが
「今後、セミナーに呼んで欲しい人がいたら記入ください」
というようなものでした。
私は迷わず、「日本一わかる(当時はそのタイトルでした)
セラピストのための解剖生理学」の
野見山 文宏さん…と書きました。
なんていいタイミングなんだろう…と思うくらいに迷わず。
とても真っすぐな気持ちでただ、来てほしいという思いを
込めて必死に書いたことを今でも覚えています。

それからわずか2ヶ月後…。
日本アロマ環境協会から送られてきた
地区イベントの告知パンフを開けて見るなり、
びっくりしました。

野見山さんの解剖生理学セミナーが
広島の地区イベントであるというのです。
私が思っていた頃にはもう協会が知っていたのか、
それとも私のアンケートが影響したのか、
あまりの偶然に驚きです。

ただ、「なんで九州が先じゃないんだろう」と思いましたが
参加したい衝動を押さえきれずに
東京に一緒に行った友人と他の友人を誘って
広島でのセミナーに参加しました。

セミナーに参加してみて直感的に思ったのは、
とても分かりやすく実践的な内容で
これから野見山さんはもっと有名になる、
という確信めいたものでした。

セミナーが終わる寸前に野見山さんが私たちの近くを通ったとき、
友人から何度も背中を押され、福岡での開催をしてほしい、
といいたかったのですが、そのときの私は声をかけるほどの
勇気がありませんでした。
こころは動いていたのになぜかそのひと言がいえなかったのです。

そんなわたしが4年後、ひょいひょいと野見山さんにメールを送り、
ワークショップを主催することになるとは
全く予想もしていなかったことです。

でも今になって思えば、広島で開催されたことが
まるで出会いのタイミングを知っていたかの
ように思えてなりません。

これは出会うまでのはじまりのほんのひとつ…。

野見山さんと知り合うまでに
開催スタッフとなる恩師や仲間との様々な出会いが
野見山さんと不思議なほどリンクしていきます。

次回は大切な縁がつながった
「そして…3月。春の記憶」をお送りします。
お楽しみに!


野見山 文宏さんのワークショップ in 糸島の開催参加者募集!

なんと、なんと…と、と!
定員になるまで、わずか1名となりました。
そこの迷っているあなた!
もういろんな理由で迷っているヒマはありません。
これが最後の残りの1席…。

野見山さんのブログ経由でこのブログを知った、
九州開催を知った、という人たちがいることも
知っています!

さあ、迷うことなくすぐに申し込みましょう。
でないと、チャンスは二度とやって来ないかもしれません。
幸運をつかむのは行動を起こしたあなただけです。
キリンの首になって、ずっとお待ちしています。
(お申し込みは、状況を見てになりますが、
11月25日頃をめどに締め切らせていただく予定です)

[PR]
by MERRYNOTE | 2013-10-29 15:31 | ◇イベント&WS

d0208318_18564196.jpg

12月1日、2日の2日間、
福岡・糸島市内で野見山 文宏さんの
『感じてわかる!セラピストのための解剖生理学』を開催します。

この開催にいたるまでには
たくさんのご縁と関わる人たちの思いがありました。

今日から開催前までの1ヶ月間…。
どこまで書けるか分かりませんが、
連載で綴っていこうと思っています。

どうぞおつきあいください。

ただいま、上記ワークショップの参加者を募集中です。
詳しくは以前の参加要項をどうぞご覧ください。

[PR]
by MERRYNOTE | 2013-10-28 18:49 | ◇イベント&WS

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方