カテゴリ:♡MERRYNOTE LIFE( 48 )

d0208318_1681190.jpg


竪町の引っ越からちょうど1年が経った。
驚くことに5年も通ったあの町に足を踏み入れたのは
この1年で数えるほどしかない。

あんなに好きだった町なのに、あんなにこだわった場所なのに
過ぎてしまえば遠い過去。
私の思い出のアルバムには確かにそこにいたという事実だけが綴られていて
そこで得たこと、得た物の片鱗は見えない自意識の中に根付いている。

もちろん、おそらく、きっとその時よりはずいぶんと
精神的に自由になれたことは確か。
我慢していたこともできないとあきらめていたことも
そのことさえ忘れるくらいに、去年の9月から色んなことを学んだり、
活動のための準備をしたり、プライベートでも旅に出たりするようになりました。

ここ数ヶ月は自分でも気づかないくらいに、自分の中が急激に変化しているようで
関わる仕事も急に生まれたり、なくなったり。
それを肌で感じる出来事がたくさんありました。

そして、このブログのタイトルも今日また変更!
1月に変えた時はまだしっくり来る言葉が見つからなくて
とりあえず仮タイトルのつもりで付けました。

その後、猛烈な忙しさにかまけて
全くやろうとしていることに取りかかれずに
気づいたら、いえひといきついたらもう6月。

その間に何をやったわけでもなく、
仕事の勉強は実践でやっていたかもしれない(自覚なし)けど、
何かを極めたわけでもなく、ただひたすら仕事の日々の繰り返しだったけど
ここに来て、ひとつの光が私の中で輝きはじめているようです。

タイトルの「ミチルの森」とは
しあわせが満ちる、
こころ満たされる、
自然や生死にも関わる満ち欠けであり、
満たされる生き方や暮らし方、
豊かさの象徴。

これまでの時代の
「消耗」から 「満たす社会」へ!

物質的な社会が本当に豊かなのか、を問いかけて、
物質的な世界に生きていると何かとややこしくなる
人の欲求であったり、愛の形であったり。
そういったものを客観的に捉えて、
宗教とは違う、人の道として
それらを学び取るためにいまある命を輝かせること。
そのために私たちの命がある、という本質。
今の時代で「何かが違う!」と思うことを反映しながら、
その一人一人の命をどのように生かして、苦悩や本意でないことがあれば
それをどう乗り越えて、こころ豊かに生きてゆけるのか。

共感してくれる人たちとスローな生き方や暮らし方の勉強会をしたり、
又はビジネスとして企業や個人の力、町づくりに役立てる奉仕活動など。
そんなことをこれからやっていきたいと思います。

「ミチルの森」はそんな人たちが、共に集まる、豊かな森のイメージ。
MERRYNOTEができたときも森のイメージだったけど、一人一人と向き合う森でした。
今度はもっと大きな森が生まれそうです。

今、言えるのはそこまで。
これからどんな展開になるのか、私も分からないんだもん。
[PR]
by MERRYNOTE | 2015-06-02 16:08 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_18384374.jpg


すでにもう10日が経ちましたが、

あけましておめでとうございます。

年末年始…というよりは

11月からずっと続いている忙しさにまみえて

今も仕事合間の気分転換にブログを書いています。

今年の元旦は生まれて初めて三社参りに行けぬまま。

自宅に閉じこもりのお正月を迎えました。

何だろう…。

これまでは両親がいて私がいるという方式が

私が中心になっていく夜明けのような

何か流れが変わったような感覚を覚えました。

私自身の本当の人生が動き始めたような

そんな感覚もありました。


さて、2015年は皆さんにとって

どんな物語が生まれていくのでしょうか?

私は原点に立ち返り、

アロマテラピーという5年間続けてきたものを

一旦、少し端に置いて

書く・聞く・話すと食の基本をテーマに

2015年の前半は特に力を注いで行こうと思っています。

そして、アロマテラピーという一つの枝葉から

もっと大きく捉えた女性の生き方、暮らし方、働き方に

今年の後半から少しずつシフトしていくつもりです。
(これまでのサロンのお客様には出張という形で
継続はできますのでご安心ください)

本来、アロマテラピーを学ぶ際にも

そしてこの5年間の中でサロンに来ていただく方

教室などでお会いする方のほとんどの方が

結局は一番の悩みは

そこにあるということだったように思います。

昨年秋から少しずつそれらに関連することで

自然と出会う人たち、出会うイベントなどに関わり、

勉強を進めています。

現在のホームーページも以前のまま手つかずで

もう一つのグルメブログも同様ですが、

グルメブログは一旦、春あたりで

そのまま残したまま終了する予定です。


新しい世界に進むために

乗り込んだ列車を少しずつ走らせて行きます。

今後のMERRYNOTEにご期待ください。

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by MERRYNOTE | 2015-01-10 17:40 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_10521827.jpg


先月末、ずっと前から気になっていた

「アカシックレコード」のリーディングを体験してきました。


5、10年と自分が決めた道を歩んできたけど

いつもなぜか「何かが違う」と思い続けていました。

座り心地の悪い椅子にずっと座ったまま

動けない妙な居心地の悪さです。


本当にしたいことは何?

やりたいことだと思ったけど、

本当にしたいことなのか…。

自分が生まれてきた使命や理由、意味って何?と

考えれば考えるほど分からなくなる日々。


今年の3月に「アカシックレコード」という

リーディング方法があるのを知り、

福岡でされている先生のサロンに伺いました。

一度3月に予約したものの、

先生のご都合と私の都合が合わず断念。

このタイミングでの初リーディングです。


リーディングでは生年月日と名前を知らせるのみ。

(と言っても占いや透視ではありませんし、怪しい宗教系でもありません)

アカシックレコードに関してはうまく説明できないので検索してみてください!


私が一番聞きたかった質問を先生に投げていき、

先生が目を閉じながら何かをイメージするように

その問いに対してゆっくりと答えてくれます。

私が今世、生まれて来た意味や使命は?と問うと、

意味はないんだそうです。

たくさんの経験をすること自体が目的であって

すべてやり切ったというところで今世は終わり!

到達地点は、意味はないということに落ち着きます、と。


起きていることに意味はないわけではないけれど

それに意味づけをしていたら、

必ず葛藤が生まれる。

すべてが一瞬だから…と先生はおっしゃいました。


その話を聞いた瞬間、

なぜか気持ちがスッと軽くなりました。

何か起きる度に「すべてに意味がある」と考え、

ささやかなこと一つでも意味探しをしていたからです。

それって本当はきつかったんだ、と心の中で

もう一人の自分がささやいた瞬間でした。


今は今でしかない…。ただ、それだけなんだ。

意味を無理にくっつけていた習慣をやめようと思いました。


この10年、世の中の人たちが同じように

「すべてに意味がある」と言うようになってしまって

起きていることを正論化する、肯定化するために使って来たけど

私は、意味づけするのをもうやめよう、と思った瞬間に

迷い続けた長い長い10年が終わった気がします。

たった1時間半のリーディングでしたが、

私は人生で3度目の転機を迎えたようです。

座り心地のいい椅子を手に入れたら、後は前に進むだけです。
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-10-11 10:46 | ♡MERRYNOTE LIFE

自分を整えること

d0208318_15525677.jpg


あれから3ヶ月の月日が経とうとしています。

皆さん、お元気でしたか?

5月31日を持って、竪町を離れましたが、

5年もいたというのに

まるでそのことがずいぶんと前のことのように感じています。

d0208318_1634762.jpg


でも、この決断に至るまでには本当に何度も何度も苦しみました。

引っ越しの車が5年分のすべての荷物を納めて

出発した瞬間、なぜか一気に涙があふれてしまいました。

お世話なっている師匠的存在の方々には

大きな決断をしたね、と言われて

竪町を離れてしばらく経ってから

何となくその意味が

自分でも分かったような気がします。


サロンや教室に足を運んでいただく方々、

これまで陰ながら支えてくださった友人や知人、両親。

その方々に恩返しをせねば、という一心で

5年間の間、手放すことを良しとしない自分がいました。

正直、必死に続けることだけに執着し、

今に負けまい、自分に負けまい、ハードルはいつも高くあるべき。

だと自分を鼓舞しつづけていました。

大きく分けて二つの違う方向性の仕事を持っていたので

よくあなたはどっちの仕事を軸にしたいの?と

聞かれるたびに「どっちも」と答えるしかなくて。

「よし!この仕事でやっていく」と

ある日決めた途端に、決断した仕事でない方の

仕事が一気に忙しくなり、

結局、軸となる仕事の方向性も固まらず、

世の中のタイミングとも何かズレているような

思いにいつも心がざわざわ。

どっちかに決めないのがそんなに悪いのか!と

苦しむ日々が続いていました。


でも離れてみてどうでしょう。

今になって見えること、分かったことの方が実は大きいのです。

そしてなぜかそんなタイミングもすべてがかみ合うようになってきたのです。

つい最近、

サロンに通ってくれていたお客様数人から

「あのサロンに行っていろんな話もして施術も受けて

明日も頑張ろう!」と思っていた、と聞き、

サロンを続けていることが実際はどうなのか、

自己満足に終わっていないのかという

自問自答とは裏腹に目に見える商業的な差別化ではない、

わたしだからできること、があったんだと思いました。

今さらながらにそのことを知って

本当に皆様への深い感謝の気持ちでいっぱいです。


ある人と再会してこの5年間のことを話していたとき、

私はずいぶんと多くのことをやりすぎていた、という

ことにも気づきました。

アロマテラピーサロンに始まり、病院での施術、

様々な場でのアロマテラピー講師、

厳しい時の飲食のアルバイトや

友人の会社の土日祝日のサポート的なアルバイト、

コピーライティング、

イベントオーガナイザー、

イベント出店、

飲食関係や取材先のコーディネーター、

撮影スタイリング補佐など

すべての時期が重なるわけではないのですが、

たいていは同時期に最低3つくらいは重なっていたように思います。

自分の中ではどれも半端でやれていないと思うのは当然のこと。

「ちゃんとやれているよ」の友人の声にもしっくりこないまま

「全然やれていない」と答えるばかり。

それは私自身の捉え方であったり、私自身の問題だったのかもしれません。

そんなふうにして、何となく時が過ぎていた印象でしたが、

どれだけのことをこの5年の間にやっていたのか

俯瞰で見ることができるようになりました。


引っ越し翌日の6月1日の山登りを機に

今、私は「自分の気持ち、体を整える」ことを大切にしています。

6月の終わり、

体がどうしょうもなくきつくてこらえきれず

駆け込んだ商店街にあるマッサージ院。

前々からここだけは入りたくないなとなぜか思っていたのに

その日は違いました。

偶然にも院長の施術を受けたとき

「このままではあなたがダメになる」と

私がセラピストであることも知り、

叱られてしまったのです。

体を触りながらも私の感情的な部分も

指摘されて、自分のケアの大切さを

思い知らされたのがはじまりです。


思えば恥ずかしい話、

セラピストでありながら自分のケアも

ずいぶんと我慢してきました。

体のケアだけでなく、

我慢するということ自体が

こころのケアになっていないということ。

ずっとできない、と思っていたことを

一つずつ「できる」に変えていくこと。

それができるようになったとき、

どんなささやかなことでも

その喜びはとても大きいものです。


そして、

アロマテラピー以外の関連の学び、

他のセラピー体験を通して

自分のあり方を解放して行くこと。

また、2018年の次の時代へ軸足を向けて

少しずつこれまでの考え方や取り組み方を

変えていくこと。

5年以上も行っていなかった

親友との国内旅行にも出かけて行きます。

来年こそは、11年ぶりのヨーロッパ

中欧・パリにも出かけたいとも思っています。


「自分らしさ」って何だろう…。

今だから話せることですが、

この5年間、自分らしさを失ってしまった時期も

分かっていてできない自分に悔やむこともありました。

なぜかコントロールができない。

日々の暮らしのために

自分の気持ちとは反対の行動をとっている私がいました。

でも誰にもそんな自分を悟られたくないと

心配させたくないと必死にこらえている時期もありました。


人は自分のあり方に固執してしまうと

大切なものが見えなくなるのかもしれません。

本当はもっと何でも自由に楽しく

有意義な日々を望んでいたはずなのに。

「何かが違う」

「何かって何?」と聞かれても

 それが何かが分からない。

ずっと何かが違う…と思い続けたまま

答えは一度も出ませんでした。


すべてを自由にして手放した今、

少しずつこれまで分からなかったこと、

答えが出なかったこと、

何年も前に知人に言われたことの意味に始まり、

ずいぶん習った施術のこと、その素晴らしさ

社会人になってから企業にいた間

疑問に思っていた人の身勝手さなど

自分の中で解消できなかった感情的なことも

含めてその本質にたどりつきはじめています。


今後はしばらく、広告の仕事を基準に

「学び、整える」ことに力を注ぎ、

出張サロンであっても

皆様が足を気軽に運べる場所を探しつつ、

より皆様の役に立てる

MERRYNOTEになれるように時間をください。

ここが本当の私らしさの始まりなんだと思います。

d0208318_16533211.jpg


自宅周辺の夕焼けを見て…。
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-08-26 15:52 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_18495870.jpg


緑いっぱいの爽やかな5月となりました。

ついに今日5月8日でMERYYNOTEは5年目を迎えることができました。

竪町の地で5年。

一年でもっとも好きなこの緑の季節をこうして迎えられたのも

これまでの温かいみなさんの支えがあってこそだと実感しています。

そして、今月末…。

MERRYNOTEは新たなる場所で、次のステージへと歩み始めます。


アロマテラピーを正式に学び始めてから丸10年。

竪町で独立してから丸5年。

10年前、5年前の自分を振り返ってみれば

ずいぶんと変化したな、と実感することも多く、

変わっていくことに対して頑なにこばんでいた時期もありましたが、

自然なこの流れに乗って新しいステージを歩むことを決めました。


とは言っても、いままで通り、アロマセラピストやインストラクターの

活動は続けていきます。

時代やいまの自分に合った新しい仕事のかたちを探すべく、

ここをまた始点に模索していこうと思っています。


竪町のこの一室から始まったアロマテラピーサロンMERRYNOTE。

今後、どんな展開になるかは私も楽しみです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by MERRYNOTE | 2014-05-08 19:04 | ♡MERRYNOTE LIFE

この2ヶ月、「人生がときめく片づけの魔法」の本を元に

人生初に値するくらいの片づけをしました。

中でも仕事柄なのか、書類などの紙類がとても多くて

シュレッダーをし終えるまでに1ヶ月もかかりました。

その中に約10年前に一緒に働いていたある女性が

会社への不満を理由に辞めて東京に行くというので

お別れの手紙に添えた詞がありました。

この内容は私が20歳のときに買った

ユーミンの単行本「ルージュの伝言」の中にあったものです。


「誕生日」  荒井 由実

目をさまし、まだカーテンをひかず、
薄暗い部屋で 今日が誕生日なのを思う。
もう一度、目を閉じると こんどは夢でなく
本当にあった さまざまなことの間を 心が旅していく。

ある時に何かをさけて ある時は何かにぶつかって
はね返りながらも、 結局、今日にむかって進んでいた。
そのジグザグなはずの道が ふりむいてみると
まっすぐなものになっているのは なぜだろう?

もしわたしに 過去にもどることが許されても
わたしは…きっと同じことをするだろう。

今になって後悔されることを すべて帳消しにしてしまうには
わたしが生まれるよりも もっともっと昔にさかのぼって
それを始めなければならないし、 よく考えると
そうまでもくやむことは ないような気がするから…。

これまで、そしてこれからも
わたしのじゃまをし、あるいは導き
喜ばせたり悲しませたりする“何か”とは
自分自身だということがわかった今、

過ぎていったことがみんな
わたしの中で楽しい思い出になっているのを
ただ感謝したい。
大人へのドアがもう開いてしまったけれど
これでいいのだと思う。
今日のわたしは、今日のわたしがいちばん好き。
明日のわたしは、明日のわたしが
きっといちばん好きになるだろう。


この詞をきっと20歳のときに書いたユーミン。
わたしはちょうど20歳の頃にこの詞に出会いました。

会社に入って10年以上経ってからも
ずっと自信がもてなかったわたしには
この詞はわたしのお守りのようなものでした。

自信が持てない人へ、悩んだり苦しんでいる人、
そして迷っているあなたへ。

この詞をプレゼントします。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-11-05 18:09 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_17223641.jpg


8月の糸島からの帰りに

全国初のアットアロマストアを尋ねて

福岡市内の今泉に立ち寄ったときに

たまたま見つけたのがアンティーク雑貨や家具の「トニール」。

先日、そこでサロンの新しいインテリアを購入しました。


パリにあるようなお洒落な雰囲気のお店で

見た目よりも意外に手頃で

私の好きなテイストの雑貨がいっぱい016.gif

興味があるものがいっぱいで落ち着かず…。

完全にこころをわしづかみされたような気分です。


この日は、大事な方へのプレゼントを探すついでに

私も以前より気になっていた色のキレイな外国の古書を

3つも買っちゃいました。


いえいえ、実は外国の古書ではないんです。じゃ、何だと思います?

実は磁石付きの小物入れなんです。

見た目は本そのもので映画にも出て来そうな

かなり大きめの本のデザインのものもありましたが、

見る限り、全く本物そっくりです。


サロンオープンして今年で4年目。

少しずつ地元で買い集めていたインテリア。

もらいものも多かったのですが、新しいお店を知ったことだし、

サロン自慢の窓際のインテリアをランクアップしていきたい〜と

夢見るわたしでした!

フランスもののオンパレードになりそうだな、これが。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-09-25 17:24 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_17461534.jpg



アロマセラピストとしてあるまじきこと…。

自分の体の変化を気にしないこと。

自分のケアを怠らないこと。

自分のケアできてなくて、誰が人のケアができるのか!

とアロマスクールでも習いますし、

現在、お世話になっている先生方々からも言われています。


でもたまにセラピストも人間だからあるんです!

他のことに夢中になると自分が後になってしまうことも。

ん、単なる言い訳…か。それは私の職人的な性格からか!


で、何を言いたいかというと、

先週の金曜日にはじめての靴で天神を歩き回り、

靴ずれしそうだな、何だか痛いなーと思いつつも、

めんどうだなと思ってそのままにしておりました。

連休中、久しく何も仕事がなく

「人生がときめく片付けの魔法」という

近藤 麻理さんの本の魔法にかかっていた私は

人生最大の片付けに夢中…032.gif

捨て魔化しておりました。
(近藤麻理さんも片付けしすぎて病院に運ばれたと
 本書にあったな〜!)

その間にかかとが痛いな〜と思いながら

よく見もせずに足に絆創膏をピタッ!

そのまま数日、かゆくなっていたので治ってる!

と勝手に思い込んで、かかとの靴ずれ部分を見ずに放置。

あまりの楽観主義に飽きれていた私の右足は

違うわよ〜!と知らぬ間に怒っていたのです。


よく灯台もと暮らしって言葉があるのですが、

まさに、足もとくらし!

近すぎて見えない足元に目を向けず、

自分の部屋の片付けで痛みも我慢して。


そんなアホな!と思われるかもしれませんが、

この足の症状に気づいたのはそれから3日も経った

火曜日の午後4時。

セラピストの友人のメールで皮膚科に行ったという話を

見ていてふと足を見ると自分の足が腫れていて

しかもずいぶんと膿んでいることに初めて気づき、アタフタ!


その日は痛さをこらえながらまともに歩けなくて

それでもいつものようにバスで通勤して

日中もいつも違う痛さがあって、

椅子に座っているだけでもまともに足が伸ばせないなって

思っていたのに自分でも

なぜ今頃気づくのが疑問に思ったくらいでした。

で、ここからがアロマセラピストらしき対応に走るわたし。


先月、アロマトロジー(アロマティックメディスン)という

フランス式のメディカルな原液高濃度塗布を習いまして

格好の試験台に自分の足が使えると喜んで思わず写真をパチリ004.gif

(見せられる足ではない!しかもゾウ足状態に)

悲惨な足ですが、これに原液をブレンドして塗布しました。

何と言ってもラベンターの精油の威力は絶大で

茶褐色に近い膿が涙のように次から次へと出て来る始末。

なんてオカルティックなんでしょう027.gif

恐ろしいくらいに膿みが出ていきます!


発症に気づいてから2日後の今日。

皮膚科の先生に見てもらい、

まずは膿みを出してみましょう、と針で私のかかとの

膿んでいる場所をチクリ!

しかし、何も出て来ない!

膿みがなくて先生はガッカリ。私はビックリ!

先生は何だかスカされたみたいな顔で私を見つめました015.gif

なんで病院に来たの?って顔です。


とは言ってもまだ足の腫れはひいていません。

先生いわく山は越えたみたいね、とひとこと。

病気の山を越えて病院に行く患者っているのか?と自分で一人つっこみ。

もちろん、医師の存在は絶大ですが、

何でも病院にかかる前に自分でできることもあるんだな〜

うちの祖母がほとんどの症状で病院にも行かず、薬ものまずに治したように

それはセラピストとして学んだことを自分に生かしてるのもあるからなんですが

(おー、結局はちゃんと自分のケアしているじゃないか!)

コンビニで薬が買える時代になったみたいに

何でも手軽に入る時代に、悪いからすぐに病院、薬!というのではなく

自分の体をしっかりと見つめて判断することも必要だなと思う出来事でした。

あ、もちろん!そういうことが分からない方は素人判断はいけませんので

足だけにあしからず(なーんて!今日は何だか故障中044.gif

ちゃんと医師に見てもらってください。

それと靴ずれとは侮るなかれ…。

自分に合う靴を探して足に優しい町歩きを楽しんでくださいね。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-09-19 18:08 | ♡MERRYNOTE LIFE

d0208318_1646680.jpg



d0208318_16464194.jpg


紫陽花の時期を迎え、思いをはせながら、

誕生日も迎えて

久しぶりにリフレッシュのためにサロンにお邪魔したり、

何年も行っていなかった場所を訪れたり…。

そんなふうに日々を楽しんでいたら、

うっかりやっちゃいました007.gif

うかつにも鼻風邪を引いてしまったのです042.gif


始めは植物油と精油で熱が上がらないようにブレンドした

オイルを頸椎あたりに塗って活用していましたが、

まるで小学生のようにタラリと鼻水が垂れてくる始末。

今年前半のほぼ休みなしに近いシーズンに一区切りした身体を

リセットするかのように身体が免疫くんたちと戦っているな〜

と分かるような症状です。

こういうときはできれば自然に治したいところですが

セラピストである以上はそうも行っていられず、

耳鼻科にかけ込みました(風邪を引いたら、私はたいてい

内科でなく耳鼻科です。しかも偶然にもそこに中学の同級生が

看護師で働いているので風邪を引く度に彼女に会うという

自然な流れができてしまいます008.gif007.gif

どうやら聞くところによると体調を崩している人も多いとか。

私だけじゃないんだ−!と思うと同時に誰の風邪をもらったのか…

と振り返ってみましたが、今回は完全に自業自得でした044.gif


お陰で…夏だ!7月だ!さ、動くぞ!と毎年、

夏が大好きな私はナツ・ナツ♪スイッチが入るところが

今年はのっけから消化不良…。

気づけば七夕が過ぎ、昨日の新月…を迎えてしまいました。

あーあ、ナンタ〜ルチーア♪(はい、サンタルチアの替え歌です)


でもその中で色々と考えること、これまでのこと、自分のこと、

身体のこと、未来のことなど今までとは違う形で

面白いくらいポジティブに向き合える時間をもらいました。

そして…

梅雨明け宣言!とともに私も復活宣言!します。

今年の夏からは思い切り動こうと思っています。

まるでイルカが気持ちよく笑顔で水の中をスイスイと

泳ぐように、自分の気持ちを少しずつ解放していこうと思っています。


今はまだ言えないけれど、

アロマテラピーはもちろんのこと、

全国でもかつてない新しい動きを思案中です。


まずはこの企画に賛同、共感、共鳴していただける

仲間を探して行きます。

そして、それを活用してくださる一般の方々が

集まってくれるといいな〜と思っています。

テーマは「人生の転機、変わりたいを応援すること」

日々の心と身体のメンテナンスを通して

両手で次のステップへと押し上げられるような

セラピーを今まで以上にもっと専門的に深めて

実現できたらいいな〜と思っています。

詳細はまた後日、お知らせします037.gif

お楽しみに019.gif

追伸:写真は小倉城内のお昼間の写真です。
今からは暑くなるけど、緑が多く、気分転換にはいい場所。
一人ランチをしている女性が意外にも多くて、
天神とは違い、あまり町の公園などを活用することがない
北九州はこんなにいい場所があるのに残念です。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-07-09 17:17 | ♡MERRYNOTE LIFE

精油・パチュリの威力

先週末の金曜日…。

平日で月末というのに

頭痛と首からかけてのハリが激しく、あまりの辛さに珍しく仕事を休んでしまいました。

土日はずっと雨で、気づいたら3連休…。

2月からGWもずっと5月末近くまでずっと脳作業をしていたせいか026.gif

体を動かすよりも頭ばかり使ってずっと外に出ないこと3日間…。


もちろん、ずっと原稿をただひたすら何本も書いていただけなんですけど003.gif

近所の人から見たら、病気になったんやろか?心の病気?それとも風邪?

と言われてもおかしくないくらいにずっとひきこもり状態。

私自身もあ、3日も出てなかった…とびっくりするくらいに

漫画家か作家みたいな生活を結構続けていたので

5月末に急にひと息ついた瞬間に体にどーんと来てしまったようです。

とはいってもそれほど心配はないのですが、

遅めのGW後半休みをもらった感じでした。


久しぶりに3日間休んでみると

何もしない休みがちょっと退屈かな?と思っていましたが

1日と半日は恐ろしいくらいの睡眠量005.gif

頭痛もコリやハリもだいぶん回復し、

今となっては休んで良かったと思うわけです。


やはり、体ってバランスが大切なんですよね。

体もこころ(脳)も両方を動かして

時に休めることも必要なんだとつくづく感じましたよ。

で、昨日の夜にふと5、6年前に買ったパチュリの精油を

押し入れの中の片付けをしていたときに見つけたんですが、

もういい加減、香りが消えていると思ったら

逆で熟成された土のような甘い温かないい香りが保たれていました。

確かに揮発する力が落ちてはいるものの、

今はなき我がスクール時代の精油は今だに健在です。

いかに良質の精油であったか、を思わせる出来事ですが

それよりもパチュリの精油を嗅いだ途端に

まだ完全じゃなかった頭のガンガンと響く痛さがよみがえり

前頭葉あたりがトロトロと溶けていくように

しばっていた冠がじんわり外れていくように

そして後頭葉まで行き渡り、

足元から来るような深い呼吸ができるようになってびっくりです。

やっぱり精油って香りの力ってすごいなー!と実感しました。

あの前頭葉のトロトロ?いやドロドロ〜としたものが

溶岩が溶けたときみたいに頭の中に流れていく感じは初めてです。

パチュリは頭(脳)の使い過ぎのとき、頭ばかり活動して

体が動いてなくて、頭と体のエネルギーをつなぎ、

バランスをとってくれるものなのですが、

そのことを体感してまんまやーんって思いました。

脳もあー、ようやく私のこと、分かってくれたんやん058.gif

って思っていたのかもしれないですね。Oh!NOって感じで037.gif

昔から好きだった香りの一つですが、

これほどパチュリの威力がすごいとは…。

ちょっとしばらくの間、パチュリを嗅ぎ続けてみようかなと思っています。

今日からきっとあなたの部屋にも

夜になると、パチュリ系クンクン星人あらわる〜あらわる〜019.gif
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-06-04 16:40 | ♡MERRYNOTE LIFE

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方