思い描く未来へのパスポートを手に入れるには③

d0208318_15301123.jpg

シリーズの③のラストは、
退職後の過ごし方です!

私は会社を辞めた後は必ず、海外国内旅行に行きました。
なぜなら、その方がこれまでの自分をリセットできる気がしたからです。
もちろん、長年の親友からの熱烈な誘いもあり、
今しかできないことをしばらく楽しんでいました。

しばらくは遊びほうけておいて、
その間に会社時代ではできなかった身の回りの整理や
家のこと、友達に会いにいくこと、
そしてこれから必要な勉強や興味があることを
たくさんたくさんしていました。
そのためのスケジュールをまるで夏休み前の
子どものような時間割までつくって立てていたので、
すごく忙しく過ごしていました。

そんな時間も絶対必要だと思います。
バランスを取れなくなった羽根を一旦修理すること。
羽根をつけている自分自身をニュートラルに
戻すことができないと、
同じ選択を繰り返してしまいがちです。

他にもこんな方法があります。
* 職業訓練校に通いながらも、
それとは別に自己投資できる一生もの
(資格や技術、好きなこと)を探す。
ただし、資格は現場で生かしてこそ、
はじめてその意味をなしてきます。
私も職業訓練校に通いながら、
その勉強とは別にアロマセラピストの資格取得の
受験勉強を同時進行した経験があります。

* 人脈があれば、当分は知り合いの人で
時間の自由がきくような仕事をさせて
もらって収入を得ながら、
バイトとで掛け持ちなどでもいいし、
未来の自分に向けての自己投資を行う。

* また、飲食業界で将来働きたいと思う人なら、
調理免許取得と経営を学ぶために
現場に入らせてもらって修行を積む方法もあります。

* Woof JAPANに登録して、
田舎の畑や加工所などの手伝いを3食寝泊まり付きの
民家で一定時期過ごし、修業を積んだり、
食にまつわることを勉強する。

* 本来は会社勤務の間に自己投資が望ましいので、
一時期派遣会社やその他企業勤務でキャリアアップしたり、
自分の将来につながる業務の会社に勤務して、
その間に勉強したり、学ぶ方法もあります。

こんなふうにして、いろんな可能性が広がるので
楽しいですよね。

職についていないと、どうしても近道ばかりを
選んでしまいたい気持ちになりますが、
何事も段階があるもの。
これまでの仕事と次の本当にしたい仕事の
つなぎめの間では、
過去の自分とは見えて来るものが
遥かに違ってきます。

もしかしたら、会社で働く方よりも
自分で経営した方が合っていると
思うこともあるかもしれません。
企業の成り立ちはどこも結局は同じなので
自分自身のスタンスをどこに置くを決めれば、
そこが本当の居場所になっていくことは
見えていると思います。

最後にAさんからのコメントを紹介します。
「やってみたいなと思っても、
絶対にこれがやりたい!というほどでもなくて、
踏み出す勇気が出ませんでした。
でも、本当に自分に合うかどうかは
やってみないと分からないですよね。
次も同じ事務系を探そうかなと思ったのですが、
違うこともしたいという気持ちもあり、葛藤中です。
せっかく辞めたのだから一度違う道を
目指してみてもいいのかな、
昔からやっていた趣味を生かす仕事もいいかなと
思うようにもなりました。
今まで私は冒険をしたことがなくて、
でもその一歩を踏み出したら
今までとは180度違う世界が
広がっているような気もします。
今までと同じ選択をしていたら、
きっと同じような人生にしかならないですよね。
選択肢を提案してくれて本当に参考になりました。
本当にありがとうございます」

Aさんは今月に入って、
以前からやってみたいと思っていた仕事が
急に見つかって就職したそうです。
新たな夢ができたようで、夢に向かって今、邁進中!

2016年から学校やハローワークや職業訓練校では教えてくれない、
「自分自身を知るワーク」「未来の描き方」をスタートさせようと思っています。
医(健康・美容)、食(美食と自然食)、住(お金のこと、住む場所、暮らし方)など、40代の私たちが今をいきいきと自分らしく生き、そしてシニア世代に向けて心豊かに暮らせるための入口として、様々な人をご紹介するブログとワーク、トークカフェを連動して行けたらと思っています。

[PR]
by MERRYNOTE | 2015-10-27 15:30 | ○自分の未来をつくる働き方

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方