野見山 文宏さんの 「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」 ワークショップ参加要項 

キャンセル待ち必至☆
ついに3年ぶりに福岡開催が実現!

野見山 文宏さんの

「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」
2日間のワークショップ参加者を募集します003.gif


d0208318_194310.jpg

d0208318_10481275.jpg

なんと…037.gif定員数はのこりわずか2名になりました!(10月5日現在)
先着順で定員になり次第終了いたします。

参加をご希望される方はどうぞお急ぎください。

講師プロフィール

野見山文宏(1966年神戸市生まれ) 鍼灸師・クリパルヨガ教師
大学卒業後、銀行で9年間勤務。
その後、過労で倒れたことを機に東洋医学を学ぶため鍼灸師に転進。
伊豆の滞在型療養施設「やすらぎの里」にて、治療と共にYOGA・
呼吸法・断食・食事指導を学び2005年、独立。
現在、妻と共に伊豆に定住し自然農の畑で野菜を自給しながら
執筆やセミナーで、カラダや自然の素晴らしさを伝えている。


d0208318_10503296.jpg

d0208318_10505066.jpg


カラダをズームアウトした時 繋がりが見えてくる!
解剖学って、ひとつの視点からみたカラダの見方なんです。
○○筋は ここから始まって こう動いて・・・。
もちろん、そんな知識も大切なことだけど
そこだけに捉われていると、見えなくなるものがある・・・
と僕は感じています。
だから、今までの常識的な視点は 少し脇においといて
<ズームアウトした所から いろんな切り口でカラダを眺めてみよ>
すると 今まで見えなかった繋りが見えてくる!
このWSはそんなことを目指しています。
それは、まるでナスカの地上絵を上空から眺めた時のように
新しい視点に立つことで
ココロも・カラダも・社会も・・・全てが関連しあっている!
そんな大きなつながりを見出すのがこの講座の目的です。
その意味で、僕のWSは 筋肉や骨の名前を覚えるような
一般的な解剖学の講座とは少し雰囲気が違うかも知れません。
一見、遠回りに思えるかもしれません。
でも、この大きな視野を持ちながら しっかりと地に足をつけ
カラダと関わることこそ、いまの僕達に一番必要なことだと信じています。


【開催について】003.gif

日時:2013年12月1日(日)・2日(月)2日間
1日(日) 13:00~17:00 <体幹・骨盤編> 
2日(月) 10:00~17:00 <下半身の筋・脊柱編> 

会場:福岡・糸島市内の会場となります。
大好評につき、新たに会場を検討中です。
*会場の詳しい住所、アクセス方法(場合によっては送迎あり)、
連絡先(電話番号)などは受付完了後にお知らせいたします。

参加費:2日間で33,000円(税込)
お支払いは事前のお振込みが必要です。
詳細はお申し込み後、お知らせいたします。

定員:12名様
*応募は先着順です。1、2日ですぐに満席になってしまう可能性があります。
ずっと気になっていた方はお早めにお申し込みください。
場合によってはキャンセル待ちもあります。

持参するもの:筆記用具・フェイスタオル・好きな飲み物・あればヨガマット
       動きやすい服装(床に座ったり寝たりして筋肉をさわるなどの
       ペアワークを行ないます。着替えは可能です)       
      *2日目はお昼ご飯をご用意する予定です。


d0208318_1951719.jpg


【内容について】001.gif
前回の開催時でも行なった、解剖生理学1、2の基礎コースです。
※ コースは2日間のセットでお申し込みとなります。

●1日目 体幹・骨盤編

カラダをズームアウトすることで心と身体のつながり・
骨盤のゆがみや肩こりなどの意外な原因を見出していきます。

●2日目 下半身の筋・脊柱編 

カラダにズームインし、下半身の筋肉や背骨を
実際に触って確かめながら場所や働きを学んでいきます。

◆ 野見山さんをもっと知りたい人はこちら☟
http://plaza.rakuten.co.jp/yululi/

◆ セミナーについてもっと詳しく知りたい人はこちら☟
http://plaza.rakuten.co.jp/selfmedical/



ワークショップはこんな感じでした(わたしの体験談)027.gif

野見山さんの「感じてわかる!〜解剖生理」の本も、日本各地を回るワークショップも元は野見山さんが解剖生理を教えていた頃の生徒さんの声からはじまったものです。
「解剖生理学」はセラピストの必須ですが、難しい本を紐解いて何時間も勉強したというのに、いざクライアントの体に向き合い、目の前にしたとき全くテキストのイメージと一致せず、どこを触っていいのか分からない…という矛盾や迷い、不安が起こります。

野見山さんのワークショップでは、からだというワンダーランドを、的確に、
そして楽しく旅するための地図、それこそが解剖生理学だと教えてくれます。
著書のはじめに、にもあるように「自らの体験を持って学ぶ」こと。
アタマで考えるのではなく自分のからだを動かしたり、
一緒にワークショップに参加する仲間のからだに触れて自分を、
そして相手を感じて知ってはじめて本当の地図にたどりつけるのです。

こころを研ぎすませながら自分の手で今ここにいる自分に触れ、
それを感じ、今度は仲間に触れ、感じることを共有する。
「あー、からだって面白い、からだって不思議…」
それは、まるで郵便ポストに投函した手紙のように、
自分の中にストン!と落とし込まれて、
こころもからだもすべてがみんなつながっているんだ、と
初めて実感できるのです。

優しくて温かいのみさんワールドの魅力満載のワークショップ。
2日間を終えた頃にはまるで好きなアーティストのライブを
終えたような爽快感と充実感に満ちあふれています。

d0208318_19233493.jpg


3年前、私たちが野見山さんのワークショップで得た、
あの感動を少しでも多くの方に味わっていただきたいと願っています。
「福岡での開催をこころ待ちにしていた」、
「九州や山口での開催ってないんかいな〜」と思っていた方には
絶好のチャンスです!
すでに九州各地からの問い合わせや申し込みも相次いでいます。
ぜひぜひご参加ください。

皆さまとの新しい出会いをお待ちしていま〜す003.gif


お申し込みいただく前に…
「セミナーに参加してみたい」思われた皆さまへ。
このワークショップは、魔法のような施術テクニックを伝えるものでも、
解剖学の全てを2日間で伝えるものでも、
試験対策のためのものでもございません。
必ずこちら☞plaza.rakuten.co.jp/selfmedical/4006/ 
(ミスマッチをなくすために)をお読みくだ
さい。
内容をしっかりと納得された方にお申し込みいただきたいと思っています。


お申し込み方法は今からご説明するステップに従ってお申込みください。
ご不明の点などは、講師あて直接メール( slow-life@nifty.com )にて
お問い合わせください。

お申し込み方法
①以下の内容をすべてお書き添えの上、メールでお申し込みください。
折り返し、メール受け取りのご連絡をさせていただきます。

・氏名
・郵便番号と住所
・携帯番号
・メールアドレス(PCメール拒否をされている方は事前に
下記のアドレス(merrynotelife@gmail.com)を
         登録願います。)
        ※ほとんどのご連絡をメールでさせていただくためです。
・ご職業
・参加の動機
・交通の手段
・その他、何をきっかけにこのワークショップを知ったなのか、など
 メッセージがあればご記入ください。

※お申し込みは右のエキサイト以外のブログの項目のお申し込みフォームを
ご利用いただくと簡単です。

お申し込み先:merrynotelife@gmail.com
アロマテラピーサロン MERRYNOTE 片山 仁実(かたやま ひとみ)

※ 個人情報保護法の取扱により、上記の内容は当日セミナーのご案内のみを
 目的として使用いたします。
なお、セミナー終了後、野見山さんより皆さま宛てにイベントやセミナーの  
 ご案内をさせていただく場合がございますのでご了承くださいませ。


②参加費のお振込みをお願いします。
お申し込み内容を確認後、受付メールを送信いたします。

こちらから参加
費の振込先をご案
内いたします。
振込みの確認後、正式なご予約完了となります。


なお、お振込いただいた際にはご一報いただけると助かります。

③お振込期間
お振込みはお申し込みから1週間以内にお願いいたします。
何らかの事情でお手続きが難しい場合は、その旨をご相談ください。
なお、振込手数料は自己負担となりますのでご了承くださいませ。


キャンセル料について
お振込み完了後のキャンセルに関しましては、
下記の手数料をお支払いいただきます。
事前にご了>承の上、お申し込みください。

◎ 2週間前:50%
◎ 1週間前以後:全額 


なお、お申し込み後にどうしても都合が悪くなった場合、
お知り合いの方が代理受講いた
だくことは問題ありません。
その際には必ず事前のご連絡をお願いいたします。



講師・野見山文宏さんのブログはこちら
Unplug ~ 波のうた 風のことば
plaza.rakuten.co.jp/yululi
d0208318_122096.jpg

[PR]
by MERRYNOTE | 2013-10-04 15:33 | ◇イベント&WS

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方