こころのふるさと・パリ

d0208318_18104938.jpg


先日、ふと窓際から桜を眺めていたとき

いつも当り前にある景色だけど

出窓に置いているエッフェル塔と

友人から去年もらった

エッフェル塔のキャンディー缶が

自分のこころの中にふと入って来ました。

普段、雑貨屋さんで売っている

エッフェル塔って実はとっても軽いのですが

自慢しているわけではなくて

このエッフェル塔は(ま、手のひらの東京タワーみたいなものですが)

本当にエッフェルで買って来たものだから

ちゃんとした重さがあるもの。

つまり、どちらも本物なんですね。

思えば10年前…アロマテラピーを本格的に始めた年。

それまで2年に1度行っていた海外旅行を

アロマテラピーと引き換えに辞めました。

ただ楽しいだけの日々、ただ旅行に行っているだけの

自分が本当にそれでいいのかって思うようになって。

30代をスタートし、しばらくの間は忙しくて

でもそれを乗り越えるためだけに海外旅行があって

そのラストを飾ったのは私のリクエストで

ロンドン、そしてパリ…。

初めて行ったヨーロッパのラストがパリで

違うツアーにたまたま付いていたラストもパリで

その度にルーブルに入れずに断念して

リベンジも兼ねて3度も訪れた国がパリでした。

初めて行ったときから理由は分からないけど

パリはこころの成長をくれました。

パリに行く度に私は自分と向き合う時間を

持つようになって、その度に好きな街になっていく。

私を昔からよく知る人は私のパリ好きは有名なんですけど

実は去年、夢で世界一次大戦の空襲をパリで受けた夢まで

見てしまって、きっと私にとってパリは何かの意味がある場所

なんだと確信するようになりました。

そして、来年…。

海外旅行の再開をしたいと思っています。

目的地は小さい頃から憧れていた中欧ですが、

行ったついでにパリで10年後の自分を再確認したい。

観光するとかではなく、楽しむとかでもなくて

ただただ、街を歩き、自分の10年間を見つける時間ができたらいいなって。

ずっとずっとこの10年思い続けて来たことではあるけれど

その日がようやく近づいていると(勝手に想像する037.gif

思っています。

それはまた10年後の自分を描けそうだから。

空を見上げれば、この空はあの空にもつながっているんだ、と

思えた10年前。

それだけで元気になれました。

毎日に追われて小さな場所で悩んでいても

世界は広くてすべてつながっている。

もっと外に出て、自分の世界を広げたら

ささやかな悩みもどうでも良くなって

自由の翼を手に入れられるんだと思っています。

いろんなセラピーがあるけど

旅も最高のセラピーですよね。
[PR]
by MERRYNOTE | 2013-04-03 18:12 | ♡MERRYNOTE LIFE

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方