簡単な解決策をさぐるワークで自分を知る

こんにちは、MERRYNOTEのhitomiです。

今月の初めに京都の土産で

うちの母が買ってきたものが二つあります。

春らしいグリーン色がキレイなずんだ豆の野菜ジャム、

そしてピンク色の桜の蜂蜜。

d0208318_11151821.jpg


ピンクとグリーンの組み合わせってとても好きで

MERRYNOTEのメインカラーでもあります。

カラーセラピーとしては新しいスタートを表す色らしいですね。

何かが新しく始まる予感がしていた今年の春も気になっていた色です。


さて前回紹介した、癒やしノートを作る時に合わせて

実践して欲しいことがあります。

それは、

ニュースや週刊誌などで騒がれている事柄で、

自分が気になることをピックアップしてみることです。

その事柄について自分の感想を紙に書き出してみるんです。

人に言いたいことを書き出してみるというのがポイントです。

書き出しながら、自分が過去にそういう思考を持っていたかな?と

考えてみます。

なぜそういう思考が必要なのかと言えば、

そこから自分へのメッセージをたくさん受け取れるからなんです。

人にやっていたということが自分に返ってきている、

もしくはそういう思考を持っていたことが分かると

今、置かれている、自分が作ってしまった現実に

なぜ直面しているかがよく分かります。

現実化したことを実感しなければ、ずっとその思考は

自分の中で変わらず様々なさまたげの要因のまま蓄積してしまいます。

現実化したことを実感できたなら、その思考はおしまい!にして

行けるので、ぜひ実践してみましょう。

よくこの自分を改善するためのメソッドを見ているだけで

頭の中だけで解決しよう、とか、

頭の中で解決できると思ってしまう人がいます。

それはそれでOKですが、紙に書き出す作業をやる方が

遥かに効率的で効果的か、それはやってみて実感される方もいるかもしれません。

たくさんの気づきだけでなく、自分でも思ってみなかったようなことに

たどり着いたり、書けば書くほどより潜在的に深い部分にまで

到達することができます。

思考は現実化する、と言うとどうしても思考(頭で考える)ばかりに



気持ちが行ってしまいがちです。

でもこれまで、頭ばかりで考えてばかりいたから

上手く行かなかったこともあるのです。

人は感情の生き物です。

思考も大切ですが、感情もとても大切。

どちらかではなく、どちらもバランスが整ってこそ

初めて自分らしさを取り戻し、新しい自分に変われるのです。

このことは私の経験と、カラーセラピーをされている知り合いYさんから

学んだことです。

紙に書くうちにたくさんの感情も一緒に解き放してしまいましょう。

自分でも驚くほどにあふれていく、これまでの思いや感情が書き出せたなら

このメソッドの半数はクリアしたと言っていいでしょう。

《簡単な解決策を探るワーク》

*書き方の例

例えば、

AKB48のニュースでブレイクしているのを見て
「旬物、時代のものではなく、人にあきられない、
地に足についた人になりたい。息の長い人になりたい」

d0208318_1116042.jpg

[PR]
by merrynote | 2012-04-22 18:41 | ○新しい私になる

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方