夕暮れでこころ穏やかに。

こんにちは、MERRYNOTEです。

この1年半、なぜか気持ちを落ち着けたいと思った時に

行きたくなる場所があります。

それは門司港…。

この日もたまたま取材の帰りで、体調がすぐれない合間に

ちょっとだけ調子が良くなったかな〜なんて、実はそうでもなかった

ようでしたが、勢いで景色に惹かれて夕方の海を見に行ってみました。

d0208318_10572915.jpg

d0208318_10575228.jpg


といってももう、それは先月の話。

この1ヶ月の間に自分の中が大きく動き出しています。

11月の頭に、これからの人生は内観、内省を大切にしていくことが重要だと

ある人から言われ、ちょうど自分と久しぶりに向き合おうとしていた

タイミングだけに、この日は夕焼けに誘われるがのごとく、

寒さを心の中で押し切ってしばし、関門海峡を見つめていました。

え、演歌っぽい!?いやあ、さすらいの旅人ではありません。

それでは歌っていただきましょう060.gif

「関門海峡 おんなさすらいひとり旅」みたいだって?

確かに父親譲りの放浪グセはあるようですが、

どちらかと言えば精神修行の旅へ、禅の旅へ出るのがこれからの人生。

でも世の中を見渡せば、実は世の中の風潮や気分も3.11が起きてからは

私と同じように「自己を見つめて生きる」、生き方に変わって来ている

ようですね。いかに生きるか、今日を生き抜くか。

五木寛之さんが1日を生きる切るためのメゾット本を出すくらいですもの。

時代は確実に大きなうねりを得て、新しい時代へと変革しつつあるようです。

それが、真の意味での心の時代。

10年前に江原さんのスピリチュアルブームが始まったあのときに

西洋占星術的には魚座の時代が始まり、まさに目からうろこ的なノリで

私たちの目の前に現れて来ましたが、今年、7年続いた魚座の時代から

牡羊座の時代に入り、ちょうど同じくして偶然と思いたいのですが、

あの東日本大震災が起きました。

これまでぽわ〜んとした目に見えない精神世界のものから、より具体的に

潜在的に落とし込んだもの、自己と向き合い、現実世界とつながり、

自己の足で人生を歩んでいくためのものとして変化しています。

ある人のブログでは「内観経済」といった内容がまとめられていたり、

ビジネス雑誌でも経済と宇宙の時代だと示唆するような特集がつい最近、

組んでありました。

経済も個人個人の人生の様々な出来事が深く関わりを持つという意味です。

来年は辰年ともなり、さらに今までの固定概念をくつがえすような

大きな変革の年になるようで、しっかりと取り残されないように

ビックウエーブにノリノリ051.gifして行きたいですね。

人生の終着駅はまだかなり先の話ですが、九州の終着駅の夕暮れでも

見ながら本日の講義は終わり!です。

ま、おあとがよろしい!?ようで003.gif

d0208318_11125894.jpg

[PR]
by MERRYNOTE | 2011-12-03 11:13 | ♡MERRYNOTE LIFE

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方