サッポロビール工場の思い出 in門司

こんにちは、MERRYNOTEです。

先日、取材の関係で門司のサッポロビール工場の跡地に行ってきました。
d0208318_131119.jpg


多くの人は門司=門司港レトロを思い出されるでしょうが、

地元人にとっては門司は大きく二つに分かれるという認識があります。

門司港はあくまでも門司港というくくりで、大里地区を門司というんです。

小さい頃、このサッポロビール工場の周辺は私の大切な遊び場で

よく近くのおばあちゃん宅から自転車に乗り、いとこと3人で

小倉近くまで向かう特別な場所でした。

建物と建物の間をビールの瓶がガタンガタンとコンベアで運ばれていく

その下を通ったり、日が射さない暗い細い道が見えたり。

大好きな秘密基地でもあり、未知の世界にちょっとした恐さを感じていました。

d0208318_1241382.jpg


それから約15,6年が経ち、20代になった私は情報誌の取材で工場見学体験の

特集をすることになります。

レトロな建物に初めて入ったあのときの新しい発見と感動は今も心に残っています。

そして、大人になったと感じた工場見学の後のできたてのビールのおいしさも

自分の成長を感じさせる出来事です。

その後、サッポロビールが日田市へと移転し、モデル撮影の立ち会いなどで

この通りを使うことはありましたし、プライベートで足を運ぶことも多いですが、

久しぶりに仕事目線で立ち寄った跡地はすっかりお洒落な場所に様変わり。

写真で部分を切り取れば、まるでイギリスのどこかの街みたい。

d0208318_12524221.jpg


小さい頃からレンガのある建物にとっても縁があり、それを自然に感じていた

ルーツは実はここにあるのかもしれません。

そうそう、小さい頃、おばあちゃんちに行くと、必ず、サッポロビールが出している

リボンシトロン(オレンジジュース)を瓶で渡され、サッポロビールのマークの入った

コップに入れてよく飲んでいました。

懐かしいな。

あのときのおばあちゃんの顔が思い浮かぶようです。

私にとっては思い入れの深い大切な町の一つです。
[PR]
by MERRYNOTE | 2011-11-13 13:12 | ♡MERRYNOTE LIFE

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方