エステグランプリで個人戦3位のエステサロン取材 IN 長崎

d0208318_11244029.jpg


私の記憶が正しければ、長崎に行ったのは1998年のこと。

それ以来、一度も足を運ぶ機会がなく。

おとなしかった長崎駅にもアミュプラザができ、

もう10年くらいになるそうですけど(汗)


電車の乗り場がこんなに遠かったかいな!と思うくらい陸橋ができ、あらまっ!

前日まで大雨だったのも嘘のように長崎は晴れ。

雨=長崎のイメージを砕く素敵な1日のはじまりとなりました。


2月16日に東京・なかのZEROホールで開催された

第1回 エステティックグランプリの個人戦の技術部門で

ナント!3位(銅賞)を受賞したトータルビューティ「Sape」のTさんの取材で

長崎を訪れることとなりました。


本編はお見せできないので、4月下旬に全国書店で発売のエステグランプリが

選んだ「日本一のエステティシャンがいるサロン」で。

彼女たちのエステにかける熱〜い熱い思いとプロ意識にセラピストである私も

とても刺激を受けました。

プロ意識が足りん、と反省もしました。

d0208318_11433660.jpg


と言いつつ、私の半分は好奇心でできているため、取材終了が夜6時になったにも

関わらず、夜の町を徘徊(笑)

女一人、長崎で夜を巡るのは危険(あー、狙われる!)かなと思いながらも、

ちゃっかり大浦天主堂を見てきました。日帰りなんて関係ないと言わんばかりに。

本当に反省しとるんかいな。

d0208318_1135369.jpg


6時で拝観できなくなるので、ま、見ただけ〜なんですどね。

わざわざこの外観見るために、大浦天主堂下で電車を降りて向かったわけです。

日本で最古の教会なんですよね。ゴシック建築でパリとゆかりが

あると聞けば、行かないわけは行きません(って前も行きましたけど)。


門司港でカラーセラピーをやっている方から昨年9月、長崎に行って

ステンドグラスを見るといろんな光を受けられていいですよ!と

言われたのを思い出し、まさか長崎なんぞ行く機会ないぜよと龍馬伝も

見つつ思っていたら、なんとまあ、半年後に行くことになったんで、

その思いを果たしたかったわけです。


ステンドグラスは閉店した後の暗い土産もの屋ので我慢し、かわいい猫と

たわむれながら、一人坂を降りました。

やけにカップルが多かったのは気のせいか?

いや、若者男子が一人で大浦天主堂を私同様、尋ねていた姿も見ましたっけ。

一瞬、声をかけられたらどうしょう?という思いに巻かれそうになりましたが

んーなわけがありません(笑)


さらに、グラバー邸にも行こうと暗い細道を行きかけたら、日本式の墓地があり、

ギョッとして引き返したのはいう間でもありません。

さすがの私もそれ以上は行けませんでした。誰かを連れて帰ったら大変ですし(笑)


そうそう、現地のカメラマンさんのスタジオに行くために通った県庁通りは、

福岡市内でいう「けやき通り」のようで良かったですよ。

坂が多い長崎とは聞いていましたが、いきなり挑戦状をつきつけられたように

坂道が目の前に。

文明堂が角にあり、いい雰囲気でしたのに、ひらめ筋あたりが苦笑いしていましたよ。

d0208318_1147259.jpg


グルメ編は、まりちゃんに聞いてください(まりちゃんの街角グルメ&旅日記)

1日、中華三昧ですから。
[PR]
by MERRYNOTE | 2011-03-05 11:58

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方