新・MERRY NOTEとは

d0208318_1653348.jpg


新・MERRYNOTEとは(Ver.2015年)

ぽかぽか陽気の春の日。
いろとろどりの花が咲き、鳥の声のさえずりが聴こえる森の中。
木陰の下で、のんびりと日なたぼっこをしていると、
仲間が集まり、紅茶を手に笑顔でおしゃべりが始まる。

そんなイメージの教室とサロンにしたい、という思いから
可愛くてみんなに愛されている女の子の名前にも
よくある「M」を頭文字にしました。

○アロマテラピーでもよく使う、香りの濃度を表す「ノート」。

○取材のときに使う七つ道具のひとつ「ノート」。

どちらにも共通するNOTEに
「MERRY(楽しい、愉快な)」をプラスし、
生まれた名前が「MERRY NOTE」です。


5年に渡り、アロマテラピーサロンを運営していきましたが、
もちろん体に触れられることも必須条件のひとつなのですが、
お客様のほとんどが「今の自分をどうにかしたい」といった
悩みを抱えて尋ねて相談に来られる方ばかりでした。

度々、繰り返し同じ悩みを持って訪れて来られる方と
真摯な思いで向き合えば向き合うほど、
アロマテラピーセラピーだけをやっていても
解決にならないのではないか。

お客様が主体性を持って自らの人生を生き抜くことを
決断しない限りは、同じ悩みは繰り返されるばかり。
アロマトリートメントを受け、話をして
その時々の悩みやココロのもやもやは解消されても
それは一時的なこと。

お客様自身が悪いといっているわけではなくて、
せっかく来ていただいたのに
アロマセラピーだけをやっていてもいいのか。
いや、私は実はそれ以上を望んでいない、という方も
いらっしゃったかもしれませんが、私の中では
何かが足りない、これではない!という思いが
ふつふつと湧いていきます。

そういう時間を重ねていくうちに
自分の置かれた場所に気づき、「できない」を
「できる」に変えた方も中にはいらっしゃいます。

しかし、お客様が本当に望む場所に送り出せているのか。
満足いただける場所の提供をできているのか、といえば
私の中での100%ではなかった。
そういう思いでした。

可能性のある未来をつくりだすこと…。
それができなければ、
会社を辞めることすらできないし、
新しい何かにチャレンジすることもなく、
本当に自分が望む道を歩むこともなく、
現状維持でしかない。
そして、見えない未来への不安が募るばかり。

結局は生き方、暮らし方、働き方そのものが
変わらない限りは
主体的に自分の人生を生きる、ということは
難しいと感じたのです。

じゃ、どうするか…。
何年も悩み抜いた結果、まずは私自身の生き方を
改めることから始めました。
そして、私自身が足りない、欲しいと思っているものを
自分に足して行く時間が必要だと思いました。

そのためには、
アロマテラピーはこれから目指す活動の一環として
また、自らの武器として位置づけ、
コピーライティングやコーディネイターの仕事を
本業として活動のベースをつくっていきます。

そして、40代(30代も含む)からの
生き方・暮らし方・働き方をテーマにした
このブログ、ワークショップなどを行い、
仲間と共に自らが持つ職で暮らせる場所づくりを
提供できるようになりたい、というのが
私の大きな目標です。

もちろん、私は様々な媒体社ともつながりが
ありますので、編集部の方から情報を求められれば
公の媒体でも面白い活動をされている方を紹介できる
という自らの役割も担っていると思っています。

壮大なプランがありますが、
これ以上はまだはっきりとお話できません。

アロマテラピーという一つの枝から
生き方・暮らし方・働き方へシフトすること。
それが2015年のMERRYNOTEの一番の課題です。

共に分かち合い、生きられる場所を。
その想いの根幹はMERRYNOTEを設立したときから
変わってはいません。

企業で働くこともひとつの人生ですが、
そこに何か違和感があったり、
年齢にそぐわない、体調に合わない働き方があるなら
それは自分自身の転換期であり、変化へのメッセージ。

2つの仕事を持つ働き方も
次第に世の中で当たり前になって行くでしょう。
今までにない価値観を分かち合えるみんなとつくり、
「本当にやりたいことはすべてやった」と
最後に言えるように
後悔のない人生を過ごしたいものです。

あなたは今、それができていますか?
[PR]
by MERRYNOTE | 2011-01-21 15:57 | ☆MERRY NOTE とは

シニアライフをこころ豊かに過ごすための40代からの女性の生き方・働き方・暮らし方